簿記一巡の手続き

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。簿記の目的では、簿記には会計期間というものがあることをお伝えしました。この記事では、会計期間の最初(期首)から最後(期末)までの流れを大雑把に解説します。

簿記一巡の手続き

現時点では簿記一巡の手続きを完璧に覚える必要はありません。全体の流れを何となくイメージする程度で十分です。

1.期首の作業

1.開始仕訳

まず1年の初めに開始仕訳を行います。これは家計簿などでいう前月繰越のようなものだとお考え下さい。

家計簿をつけるとき、まず最初に「今いくらあるのか」を記入しますよね?簿記でもそれと同じことを期首に行います。「現金はいくらあるのか」「借金はいくらあるのか」など、現時点の財産の状態を記入すると考えましょう。

2.期中の作業

1.取引

期中にはさまざまな取引が行われます。ちなみに簿記でいう取引とは、一言で言えば「財産や利益などの増減」です。「現金が増えた」「借金が増えた」「売上が上がった」などが取引にあたります。

2.仕訳を切る

取引が行われるたびに簿記のルールに従って記帳していきます。その記帳のときに最初に行うのがこの「仕訳」です。

今はまだ仕訳が何かについては分からなくても全く構いません。仕訳のルールを学ぶことが簿記の学習では最重要です。

仕訳の代表例

3.総勘定元帳へ転記する

仕訳を切ったあと、総勘定元帳へ転記します。

仕訳はただ取引を日付順に記録しているだけのものです。

そのため、仕訳だけでは「現金がいくら増えたのか」や「借金がいくら増えたのか」などの取引自体の金額は分かっても、「その取引の結果、現金がいくらになったのか」「借入金がいくらになったのか」などの現在の金額が分かりません。

その金額を分かりやすくするために総勘定元帳へ転記します。

3.期末(決算)の作業

1.試算表を作成する

総勘定元帳を元に、期末時点での財産や利益などの金額を表にします。この表を試算表といいます。

ちなみに、試算表は期中の仕訳や総勘定元帳への転記がミスなく行われているかを確認するために行います。

2.決算整理仕訳を行う

期中の仕訳や転記がミスなく行われていることを確認したら、決算整理仕訳を行います。この決算整理仕訳が簿記の学習では重要です。

決算整理とは、一言で言えば、会計期間での利益や損失を適正に表すための仕訳です。期中の取引をただまとめただけではその会計期間での利益や損失を適正に求めることはできません。

例えば、前の会計期間にあたる家賃を今期に支払った場合、その金額を今期の費用としたらまずいですよね。

家計簿で言えば、『10月分の電気代を11月に払った場合、その電気代を11月分の生活費と考えたらまずい』ということです。支払った金額をまとめただけでは、11月に払った金額は11月の費用になってしまいます。

これでは適正な利益や損失を求めることはできません。会計期間での利益や損失を適正に求めるために行うのが決算整理であり、決算整理仕訳なのです。

3.貸借対照表と損益計算書を作成する

簿記の最終的な目的は、「企業の財政状態と経営成績を明らかにすること」です。そして、財政状態を表す報告書が貸借対照表 、経営成績を表す報告書が損益計算書でした。ということは、この貸借対照表と損益計算書を作成することが簿記の最終目的だということです。

貸借対照表と損益計算書を作成して簿記一巡の手続き終了となります。

いくつか省略した作業もありますが、全体の流れはこのような感じです。これから仕訳などを勉強していくときに、「自分が簿記一巡のどこの勉強をしているのか」を意識しておくことが重要です。特に、期中仕訳と決算整理仕訳をきちんと区別することが重要です。

大雑把で構わないので、この流れをつかんでおいてください。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ