借入金の仕訳

簿記3級
借入金の仕訳について知りたい人
借入金の仕訳について知りたい人

簿記を勉強していると借入金が出てくるけど、借入金の仕訳はどうやって切るのかな。利息の計算はどうしたらいいのかな。

こういった疑問に答えます。

ちなみに、この記事を書いている私は日商簿記に合格するための通信講座を2012年から運営し、これまでに数百人の合格者を送り出させていただいています。もちろん私自身も簿記1級に合格しています。こういった私が解説していきます。

借入金

お金を貸すということは相手から見ればお金を借りるということです。要するに、借入金は貸付金の逆です。借用証書によってお金を借り入れたときには借入金勘定を使います。

簿記検定の問題では借用証書については特に書かれない場合が多いです。単に『現金を借り入れた』と書かれた場合は借入金勘定を使って構いません。

手形を使って借り入れたと書かれている場合は手形借入金勘定を使います。

借入金勘定は借りたお金を返済する義務です。義務なので負債の勘定になります。

利息

貸付金のときは利息は受け取るものでしたが、借入金のときは利息は支払うものになります。よってこの利息は費用になります。

利息額の計算は手形の割引でご説明した手形売却損のときと考え方は同じです。手形の割引は現在簿記2級の範囲になっていますが、利息額の計算は簿記3級でも出題されます。

利息額は『借入金額×利率(年)÷365×借入期間(日)』で求めることができます。

借入金の仕訳

銀行から借り入れた

「銀行から100,000円を借り入れ、利息3,000円を引かれた残りを当座預金とした」場合の仕訳を考えてみましょう。

100,000円を借り入れているので、お金を返済する義務が100,000円分発生します。借入金は負債なので、負債の増加は貸方に記入します。よって『(貸)借入金100,000』となります。

現金を100,000円を手に入れたいところですが、銀行から利息を3,000円差し引かれています。よって手に入る現金は100,000-3,000=97,000円となります。よって『(借)現金97,000』となります。

このままでは借方が3,000円不足しています。この3,000円は利息として銀行に支払っています。利息を支払った場合は、支払利息で処理します。よって、『(借)支払利息3,000』となります。

これらをまとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
当座預金
支払利息
97,000
3,000
借入金100,000

借入金を返済した

上記の借入金を小切手を振り出して返済したときの仕訳を考えてみましょう。

まず100,000円分の小切手を振り出すので『(貸)当座預金100,000』です。

また、返済した時点で『お金を返済する義務』は消滅します。負債の減少なので借方に記入します。『(借)借入金100,000』です。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
借入金100,000当座預金100,000

利息は借入時に天引きされているので、返済時に仕訳は必要ありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました