商品券の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では商品券の取引と仕訳について解説します。

商品券を利用する意味

商品券とは『○○ビル』や『○○商店街』など一定の範囲内で幅広く使えるようにすることで商品券による売上を増やそうとするものです。商品券を額面より安く発行することでその範囲内でできるだけ買ってもらえるようにしようというわけです。

もちろん商品券を買う側にも、額面より安く商品券を購入することで同じ商品を安く買えるというメリットがあります。

商品券

私も商品券を使って買い物をすることがあります。私(お客)にとっては商品券は資産になります。商品券の額面と同じ価格の商品の引渡しを受ける権利だからです。

しかし簿記ではそうではありません。簿記は企業の立場で考えなければならないからです。企業の立場で商品券を見ると全く逆になります。

商品券を発行すると、その商品券の金額分の商品を引き渡さなければならないという義務が発生します。よって企業の立場では商品券は負債になります。

簿記は企業の立場で考えるという点をきちんと理解しておかなければなりません。

商品券の取引と仕訳

商品券を発行した

「商品券30,000円を発行し、代金は現金で受け取った」場合の仕訳を考えてみましょう。

30,000円の現金を受け取っているので、『(借)現金30,000』となります。

問題は貸方です。一見すると商品券というものを売り上げているので売上勘定で処理してしまいそうになるかもしれません。しかしそれはできません。売上という勘定は商品を引き渡したときにしか使えないのです。

商品券は将来商品と交換する義務があります。商品ではありません。よって商品券勘定で処理します。商品券は負債の勘定です。負債が増加したので貸方に記入します。『(貸)商品券30,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
現金 30,000 商品券 30,000

代金として商品券を受け取った

「商品20,000円分を売り上げ、代金は自分で発行した商品券で受け取った」場合の仕訳を考えてみます。

20,000円を売り上げたとあるので、ここで売上勘定を使うことができます。収益の発生は貸方に記入するので『(貸)売上20,000』となります。

問題は借方です。ここでは商品券を受け取っています。商品券を受け取ることで商品を引き渡さなければならない義務が減少します。負債の減少なので借方に記入します。よって『(借)商品券20,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
商品券 20,000 売上 20,000

商品券という勘定は負債だと理解しておくことがスムーズに仕訳を切るコツです。

商品券を決済した

商品券は一定の範囲内で幅広く使える点に特徴があります。一定の範囲内で共通の商品券が使えるということは、自分が発行した商品券が他店で使われることもあるわけです。その商品券は自分で発行したものなので自分で買い戻さなければなりません。

このことを踏まえて「自分で発行した商品券で他店で使われたもの10,000円分を現金で買い取った」場合の仕訳を考えてみましょう。

現金で買い取っているため『(貸)現金10,000』です。

また、買い取っているのは自分で発行した商品券です。商品券を他店が持っていたとしても、その商品券を使われたら商品を引き渡す必要があるため、お客が持っているのと同じです。

商品券を買い取ることで商品を引き渡さなければならない義務が減少すると考えます。負債の減少なので借方に記入します。よって『(借)商品券10,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
商品券 10,000 現金 10,000

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ