前払費用の仕訳

簿記3級
スポンサーリンク
  • 決算整理仕訳のところで前払費用の仕訳が出てきたんだけど……
  • 前払費用の仕訳を切る必要性が分からない
  • 前払費用の仕訳について教えて!

前払費用の仕訳は簿記3級の本試験で高確率で出題されます。にも関わらず考え方が難しく、苦手にしている人が非常に多いです。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者をこれまでに送り出させていただきました。もちろん前払費用の仕訳についても熟知しています。

この記事では簿記3級に合格するために必要な前払費用の仕訳について解説します。

この記事を読めば前払費用の仕訳を難しいと感じることはなくなります。簿記3級の試験でも自信を持って解答できるようになります。

結論を言うと、前払費用の仕訳は「本来は次期の費用なのに当期に支払った分を次期に繰り延べる」という目的で行います。

スポンサーリンク

前払費用

費用の中には半年分や1年分をまとめて支払うものがあります。身近な例では自動車の任意保険のような支払保険料などです。ちなみに企業では支払家賃や支払利息も半年分や1年分まとめて支払うことがあります。

これらの費用は、支払時に全て次のような仕訳を切っています。

借方金額貸方金額
支払保険料×××現金など×××

この仕訳によって当期の費用として計上されていますが、次期の分の費用が当期の費用の中に入っていたら正確な当期の費用が計算できません。

そこで、本来は次期の分なのに当期の費用に紛れ込んでいる分をこの費用から差し引き、次期に繰延べなければならないのです。

この一連の手続きを費用の繰延べ(前払費用の計上)といいます。

スポンサーリンク

前払費用の仕訳

「支払保険料12,000円は8月1日に向こう1年分を前払いしたものである(決算日は12月31日)」

この場合の決算整理仕訳を考えてみましょう。

8月1日に向こう1年分を支払っているので、来年の7月31日までの分を支払っています。決算日が12月31日なので、1月1日から7月31日までの7ヶ月分が前払分だといえます。

費用の繰延べ

図で表すと上のようになります。当期の費用である5か月分は仕訳の必要はありません。

仕訳を切らなければならないのは次期の分の7か月分です。

まずは、この7か月分がいくらになるのか計算しましょう。

12ヶ月分が12,000円なので、1か月分は(12,000÷12=)1,000円です。これが7ヶ月分なので、(1,000×7=)7,000円となります。この7,000円分は当期の費用にはなりません。

また、この保険料を支払った時点で次の仕訳を切っているはずです(貸方はここでは重要ではありません)。

借方金額貸方金額
支払保険料12,000現金など12,000

この費用の勘定である支払保険料12,000円のうち7,000円を減額しなければならないので、『(貸)支払保険料7,000』となります。

次は借方です。借方は前払保険料という勘定科目を使って表します。この前払保険料という勘定科目は次期に保険というサービスを受ける権利であると考えられるため、資産の勘定になります。よって、『(借)前払費用7,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
前払費用7,000支払保険料7,000

費用を資産にして次期に繰延べるという考え方は非常に重要です。今の時点できちんと理解しておきましょう。ちなみに、売上原価の計算の仕訳も費用を資産にして次期に繰延べています。

スポンサーリンク

【まとめ】前払費用の仕訳

  • 前払費用の仕訳は「本来は次期の費用なのに当期に支払った分を次期に繰り延べる」という目的で行う
  • 「前払費用」は次期に支払うべき費用を前もって支払ったもので、次期のサービスを受け取る権利を意味するので資産の勘定科目である

コメント

タイトルとURLをコピーしました