【簿記3級】株式会社の当期純利益を繰越利益剰余金とする仕訳

スポンサーリンク
  • 簿記を勉強していたら当期純利益を振り替える仕訳が出てきたんだけど……
  • 当期純利益を振り替える仕訳の意味や行う理由がよく分からない
  • 当期純利益を振り替える仕訳について教えて!

当期純利益を繰越利益剰余金に振り替える仕訳は意味が分かりづらいので難しいと感じている方が非常に多いです。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者をこれまでに送り出させていただきました。もちろん当期純利益を繰越利益剰余金に振り替える仕訳についても熟知しています。

この記事では当期純利益を繰越利益剰余金に振り替える仕訳について解説します。

この記事を読めば、当期純利益を繰越利益剰余金に振り替える仕訳についてより深く理解できるので、簿記3級で当期純利益を繰越利益剰余金に振り替える問題が出題されても自信を持って解答できるようになります。

結論を一言で言うと、当期純利益は当期に獲得した「誰にも返す必要のないもの(資本)」なので、資本の勘定科目である繰越利益剰余金に振り替えます。

これが当期純利益を繰越利益剰余金に振り替える仕訳の意味です。

スポンサーリンク

当期純利益:当期に獲得した「誰にも返す必要のないもの(資本)」

決算を迎えると、決算手続が行われます。決算手続で損益勘定が作られ、収益勘定の残高は全て損益勘定の貸方に、費用勘定の残高は全て損益勘定の借方に集計されます。

損益勘定は次のようになります(金額は例です)。

損益勘定

損益勘定が貸方残高になった場合は当期純利益、借方残高になった場合は当期純損失を表します。

この例では、貸方合計が1,000,000円、借方合計が730,000円となります。

貸方残高(貸方合計1,000,000円-借方合計730,000円=)270,000円となるため、当期純利益270,000円となります。

当期純利益は当期に獲得した「誰にも返す必要のないもの(資本)」なので、資本の勘定科目である繰越利益剰余金に振り替えます。

当期純利益の金額は繰越利益剰余金勘定の貸方へ、当期純損失の金額は繰越利益剰余金勘定の借方に振り替えます。

この例の場合は、当期純利益270,000円を繰越利益剰余金勘定の貸方に振り替えます。

スポンサーリンク

当期純利益の繰越利益剰余金勘定への振替の仕訳

当期純利益の振替

例題

当期純利益70,000円を繰越利益剰余金勘定へ振り替えた。

この例題の仕訳について考えてみましょう。

当期純利益が70,000円ということは、収益が費用より70,000円多かったということです。

この70,000円の当期純利益は誰にも返さなくてもいい資本なので、繰越利益剰余金を増加させます。よって『(貸)繰越利益剰余金70,000』となります。

また、当期純利益を繰越利益剰余金勘定に振り替えるときには損益勘定を使います。よって、『(借)損益70,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
損益70,000繰越利益剰余金70,000

当期純利益という勘定科目は存在しないので『(借)当期純利益70,000』としないように気をつけてください。

当期純損失の振替

例題

当期純損失70,000円を繰越利益剰余金勘定へ振り替えた。

この例題の仕訳について考えてみましょう。

当期純損失が70,000円ということは、費用が収益より70,000円多かったということです(赤字です)。

当期純利益とは逆に、この70,000円の当期純損失は繰越利益剰余金を減少させます。よって、『(借)繰越利益剰余金70,000』となります。

また、当期純損失を繰越利益剰余金勘定に振り替えるときには損益勘定を使います。よって、『(貸)損益70,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
繰越利益剰余金70,000損益70,000

当期純損失という勘定科目は存在しないので『(借)当期純損失70,000』としないように気をつけてください。

関連記事

正式にはもう少し複雑な会計処理を行います。正式な会計処理については「損益勘定の振替」で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

【まとめ】株式会社の当期純利益を繰越利益剰余金とする仕訳

決算手続で損益勘定が作られ、収益勘定の残高は全て損益勘定の貸方に、費用勘定の残高は全て損益勘定の借方に集計されます。

損益勘定が貸方残高になった場合は当期純利益、借方残高になった場合は当期純損失を表します。

当期純利益は当期に獲得した「誰にも返す必要のないもの(資本)」なので、資本の勘定科目である繰越利益剰余金に振り替えます。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました