当期純利益(当期純損失)の資本金勘定への振替の仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。精算表で当期純利益(当期純損失)の記入を行います。この記事では当期純利益(当期純損失)の資本金勘定への振替の仕訳について解説します。

当期純利益(当期純損失)とは…

決算を迎えると、決算手続が行われます。決算手続で損益勘定が作られ、収益勘定の残高は全て損益勘定の貸方に、費用勘定の残高は全て損益勘定の借方に集計されます

損益勘定

損益勘定はこのようになります。

この集計の結果、貸方残高になった場合、その額は当期純利益、借方残高になった場合、その額は当期純損失を表します

ちなみに上の例では、貸方が1,000,000円、借方が730,000円となり、貸方残高(1,000,000-730,000=)270,000円となるため、当期純利益270,000円となります。

当期純利益の金額は資本金勘定の貸方へ、当期純損失の金額は資本金勘定の借方に振り替えます。この例で言えば、当期純利益270,000円を資本金勘定の貸方に振り替えます。

当期純利益(当期純損失)の資本金勘定への振替の仕訳

当期純利益の振替

「当期純利益70,000円を資本金勘定へ振り替えた」場合の仕訳について考えてみましょう。

当期純利益が70,000円ということは、収益が費用より70,000円多かったということです。この70,000円の当期純利益は資本金を増加させます。よって、『(貸)資本金70,000』となります。

また、当期純利益を資本金勘定に振り替えるときには損益勘定を使います。よって、『(借)損益70,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
損益 70,000 資本金 70,000

ちなみに当期純利益という勘定は存在しないので、『(借)当期純利益70,000』としないように気をつけてください。

当期純損失の振替

「当期純損失70,000円を資本金勘定へ振り替えた」場合の仕訳について考えてみましょう。

当期純損失が70,000円ということは、費用が収益より70,000円多かったということです。要するに赤字です。この70,000円の当期純損失は資本金を減少させます。よって、『(借)資本金70,000』となります。

また、当期純損失を資本金勘定に振り替えるときには損益勘定を使います。よって、『(貸)損益70,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
資本金 70,000 損益 70,000

ちなみに当期純損失という勘定は存在しないので、『(貸)当期純損失70,000』としないように気をつけてください。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ