通信費という勘定科目の使い方

簿記3級
スポンサーリンク
通信費について知りたい人
通信費について知りたい人

通信費っていう勘定科目はどういうときに使うのかな。電話代とかが通信費になりそうなのは何となく分かるけど、詳しくはよく分からないな。通信費について知りたいな。

こういった疑問に答えます。

ちなみに、この記事を書いている私は日商簿記に合格するための通信講座を2012年から運営し、これまでに数百人の合格者を送り出させていただいています。もちろん私自身も簿記1級に合格しています。こういった私が解説していきます。

スポンサーリンク

通信費という勘定科目の使い方

電話代やハガキ代や切手代など、情報のやりとりにかかった費用を処理する場合は通信費という勘定科目を使います。例えば次のような費用が通信費になります。

  • 電話代
  • インターネット利用料
  • ハガキ代
  • 切手代
スポンサーリンク

通信費と紛らわしい勘定科目

通信費という勘定科目を使いそうに見えて、実は別の勘定科目で処理するものがあります。間違えやすいのは次の3つです。

勘定科目を正しく使うためには「何を」ではなく「何の目的で」を意識すると正しく勘定科目を使えるようになります。詳しくは「取引の目的と使われる勘定科目の関係」をご覧ください。

ダイレクトメール(DM)を送るのにかかった費用

ダイレクトメール(DM)を送るときにはハガキ代や切手代がかかります。ハガキ代や切手代なので、通信費として処理してしまいそうになりますが、この場合は広告宣伝費という勘定科目で処理します。

ダイレクトメールは情報のやりとりというよりは商品の宣伝が目的なので広告宣伝費を使うのが適切です。

収入印紙

収入印紙は、見た目が非常に切手に似ているので、つい通信費としてしまいやすいですが、収入印紙は租税公課になります。

収入印紙は印紙税という税金を納めるために貼るものだからです。

商品の発送にかかった費用

商品の発送にかかった費用は発送費という勘定科目で処理します。商品がモノである場合は通信費と間違えることはあまりないのですが、商品が情報を中心としたものだった場合、通信費をつい使ってしまいがちです。

商品が「報告書」のようなものの場合、通信費と間違えやすいです。書類は封書で出すことが多いですが、その場合であってもそれが商品であれば発送費という勘定科目を使います。
商品を発送する場合にかかった切手代や封書代は発送費という勘定科目を使います。
スポンサーリンク

通信費の仕訳

電話代を支払った

「電話代10,000円分を現金で支払った」場合の仕訳をについて考えてみましょう。

現金で支払っているので、『(貸)現金10,000』となります。また、電話代は通信費という勘定科目で処理するので『(借)通信費10,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
立替金10,000現金10,000
関連記事
簿記3級
スポンサーリンク
スポンサーリンク
平野をフォローする
スポンサーリンク
暗記不要の簿記独学講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました