現金出納帳とは

簿記3級
現金出納帳について知りたい人
現金出納帳について知りたい人

現金出納帳って家計簿みたいなものなのかな。現金出納帳について知りたいな。

こういった疑問に答えます。

ちなみに、この記事を書いている私は日商簿記に合格するための通信講座を2012年から運営し、これまでに数百人の合格者を送り出させていただいています。もちろん私自身も簿記1級に合格しています。こういった私が解説していきます。

現金出納帳とは

現金の出入りを記録する補助簿が現金出納帳です。

現金出納帳のひな形は次のようになります。

現金出納帳

日付のところに日付を書く、収入、支出、残高のところに収入、支出、残高を書く…。このように当たり前の記入になっています。

摘要欄はやや複雑ですが、摘要欄に書くことは企業によって様々ですので、問題文に指示があるか、なければある程度適当に勘定科目などを書いておけばいいということになります。

「次月繰越は赤字で書く」というルールがありますが、実務でならともかく、簿記3級の検定では赤色鉛筆は持ち込めませんので、黒で書くことになります。

このように考えていくと、覚えなければいけないことはほとんどありません。仕訳がきちんと切れて、一度ひな形に目を通しておけば十分でしょう。

コメント

  1. そら より:

    簿記試験のカテゴリとして、以下のような変更が、当サイトでは反映されてない(更新されてない)ように思うのですが、、その点どうなのでしょうか?
    手形の裏書譲渡 → 削除
    手形の割引 → 削除
    有価証券 → 2級へ

    • 平野 より:

      コメントありがとうございます。当サイトではカテゴリ変更を行うとURLが変わってしまうのでカテゴリ変更は行っていない状況です。上部にあるグローバルナビゲーションの「簿記3級」「商業簿記2級」「工業簿記2級」では対応していますので、こちらからご覧いただきたく思います。

タイトルとURLをコピーしました