当座預金と当座預金出納帳

簿記3級
スポンサーリンク
当座預金と当座預金出納帳について知りたい人
当座預金と当座預金出納帳について知りたい人

簿記を勉強していると当座預金っていう言葉が出てくるけど、普通預金とは何が違うのかな。当座預金のメリットって何なのかな。当座預金出納帳ってどうやって記帳していくのかな。

こういった疑問に答えます。

ちなみに、この記事を書いている私は日商簿記に合格するための通信講座を2012年から運営し、これまでに数百人の合格者を送り出させていただいています。もちろん私自身も簿記1級に合格しています。こういった私が解説していきます。

スポンサーリンク

当座預金

一般の人は、通常は当座預金の口座を持つことはありません。企業が商用目的で持つ口座です。一般の人が持つのは普通預金や定期預金だと思います。なぜ企業は当座預金口座を持つのでしょうか。

スポンサーリンク

当座預金のメリットは小切手を発行できること

当座預金のメリットは小切手を発行できるようになる点にあります。当座預金口座を開設することで小切手を発行できるのです。

企業が買掛金などを決済する金額は個人とは比べ物にならないくらい大きな金額になることがあります。数百万円、数千万円、企業の規模によっては1億円以上もあります。

このような金額を決済するのに現金を持っていくのは危険です。持ち運びも不便ですし、数えるのも一苦労です。

企業は日々かなりの決済を行うため、これらは大問題です。このような問題を小切手を発行することにより解決できます。

小切手で支払う場合、小切手にその金額を書いて相手に渡すだけです。なので大量の現金を持ち運ぶ必要はありません。
スポンサーリンク

当座預金のデメリット

当座預金は無利息です。いくら預けても利息は一円もつきません。そのため、個人では利用するメリットはほとんどありません。

また、当座預金口座を開設するにはかなり厳しい銀行の審査をパスしなければいけません。小切手を振り出す場合、その金額には特に上限がないため、いくらでも記載して振り出すことができます。

これは限度額無制限のクレジットカードを発行するのと同じことなので、審査は相当に厳しいものになるのです。

スポンサーリンク

当座預金勘定の使い方

『当座預金』勘定は資産の勘定です。増加すれば借方に、減少すれば貸方に記入します。当座預金勘定は、現金を預け入れたり売掛金などが振り込まれたりすれば増加し、小切手を振り出せば減少します。

ちなみに、小切手に金額などを記載して相手に渡すことを小切手を振り出すと言います。小切手を受け取った相手は、今すぐにでも金融機関に持ち込めば現金と交換できます。

スポンサーリンク

当座預金勘定の注意点

他人が振り出した小切手を受け取った場合は『現金』勘定で処理します。自分が振り出した小切手を受け取った場合は『当座預金』勘定で処理します。小切手=当座預金ではありません。

また、たとえ他人が振り出した小切手を受け取った場合であっても、問題文に『ただちに当座預金に預入れた』とある場合には、『当座預金』勘定で処理します。

他人が振り出した小切手を受け取ったときの仕訳

(借)現金/(貸)×××

その小切手を当座預金に預け入れたときの仕訳

(借)当座預金/(貸)現金

この2つの仕訳をまとめると次の仕訳になるということです。

(借)当座預金/(貸)×××

スポンサーリンク

当座預金出納帳

当座預金出納帳は当座預金の増減を記録する補助簿です。当座預金出納帳のひな形は次のようになります。

日付のところに日付を書く、預入、引出、借/貸、残高のところに、預入、引出、借/貸、残高を書く…。

このように当たり前の記入になっています。摘要欄はやや複雑ですが、摘要欄に書くことは企業によって様々ですので、問題文に指示があるか、なければある程度適当に勘定科目などを書いておけばいいということになります。

「次月繰越は赤字で書く」というルールがありますが、実務でならともかく、簿記3級の検定では赤色鉛筆は持ち込めませんので、黒で書くことになります。

このように考えていくと、覚えなければいけないことはほとんどありません。仕訳がきちんと切れて、一度ひな形に目を通しておけば十分でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました