売上原価

売上原価の定義 販売した商品の仕入にかかった費用や販売した製品の製造にかかった費用のことを売上原価と言います。 売上原価はあくまでも「販売した」商品や製品に関する費用です。たとえ仕入れていても期末に販売していないものは売・・・

売上

売上とは 商品や製品を顧客に販売することで得た収益を売上と言います。この売上を発生させることを「売上を上げる」と言います。 ちなみに売上は英語で「sales」と言います。日本語でもセールは売上ですので、ある意味そのままで・・・

受取利息

受取利息とは 現金を貸し付けたり、預金していたりする場合、その相手方はその現金を自由に使うことが出来ます。その権利に対する対価として貸主は現金を受け取ることができます。 この現金のことを利息といい、利息を受け取った場合、・・・

受取手形

手形とは 受取手形を理解するためには手形に対する知識は不可欠なので、まずは手形についてお伝えします。 手形とはある金額を支払期日に支払うことを約束した証券です。この手形を受け取り、金融機関に預けておくことで、支払期日にそ・・・

移動平均法

簿記における移動平均法とは 材料や商品を仕入れた場合、材料元帳や商品有高帳に仕入れた材料や商品を記録していきます。そのとき、材料や商品の仕入単価がいつも同じであれば特に何の問題も起きないのですが、たいていの場合、仕入単価・・・

一般管理費

一般管理費とは 企業全般を管理するための費用が一般管理費です。費用は大きく分けると次の5つに分けられます。 売上原価:商品の仕入や製品の製造にかかった費用 販売費:商品や製品を販売するのにかかった費用 一般管理費:企業全・・・

安全余裕率

安全余裕率とは 安全余裕率とは「現在の売上高」と「損益分岐点における売上高(利益が0になる売上高)」がどれだけ離れているかを表す比率で、この比率が大きいほど安全です。売上高が安全余裕率だけ下がると利益が0になるということ・・・

預り金

預り金とは 取引先や従業員などから一時的に現金などを預かるときに使う勘定科目が預り金です。 預かっている現金などは自分のものではありません。いずれ返す必要があります(別の誰かに支払う場合もありえます)。いずれ返さなければ・・・

ページトップへ