簿記2級をいきなり受験した方が効率的?【簿記革命運営者が解説】

日商簿記2級
  • 簿記2級をいきなり受験しようと思ってるんだけど……
  • 簿記2級のテキストから勉強はじめていいのか分からない
  • 簿記3級を受験した方がいいのか教えて!

「簿記3級から受験した方がいいのか分からない」「簿記2級のテキストからいきなり勉強してもいいのか分からない」というケースは非常に多いです。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者を世に出させていただきました。もちろんこういったことは熟知しています。

この記事では簿記3級から受験した方がいいのか、簿記2級をいきなり受験した方がいいのか、簿記2級をいきなり受験する場合は簿記3級の勉強をどうするのかについて解説します。

この記事を読めばあなたが簿記3級を受験すべきかどうかがが分かります。

結論を言うと、簿記3級を受験する必要はありませんが、簿記3級の勉強をする必要はあります簿記2級をいきなり受験すべきかどうかはその人によります。

簿記3級を受験せずにいきなり簿記2級を受験することはできる

簿記2級の試験に受験資格はありません。学歴・年齢・性別・国籍の全てに制限はありません。当然、簿記3級に合格していなくても簿記2級を受験することができます

詳細は「検定試験Q&A」を参照してください。

簿記3級の勉強をせずにいきなり簿記2級の内容から勉強しても合格できない

簿記2級をいきなり受験することはできますが、簿記2級の内容からいきなり勉強することはできません。理由は3つあります。

簿記2級の試験範囲に簿記3級の試験範囲が含まれている

簿記2級の試験範囲には簿記3級の試験範囲が含まれています。なので、簿記2級に合格するためには簿記3級の内容も含めて身につける必要があります

簿記2級の学習教材は簿記3級の知識は習得済みという前提で作られている

市販されている簿記2級の学習教材は簿記3級に合格している前提で作られています。私が知る限り全てそうなっています。

通信コースや通学コースでも「2級ダイレクトコース」などの特殊なものを除き、簿記3級に合格している前提で作られています。

簿記2級の学習教材に簿記3級の内容は含まれていないので、簿記2級の学習教材から勉強することには無理があります。

簿記3級をしっかりと身につけてからでないと簿記2級の内容は身につかない

簿記は積み上げ型の学問です。簿記3級の内容をしっかりと身につけて、その上に簿記2級の内容を積み上げます。なので、簿記3級の内容がしっかりと身についていないと簿記2級の内容を身につけることができません

こういった理由から、簿記3級を飛ばして簿記2級から受験する場合であっても簿記3級の学習教材から勉強していく必要があります

簿記2級をいきなり受験するメリットは「受験料の節約」と「早朝にコンディションを合わせなくてよいこと」

簿記2級をいきなり受験すると受験料が節約できる

簿記3級の受験料は2,850円(税込)です(日商簿記3級・注意事項より)。

簿記2級をいきなり受験するということは簿記3級を受験しないということなので、簿記3級の受験料2,850円を節約できます。実際はこれに加えて交通費や申込みの手間などが節約できます。

ただし、簿記3級の勉強は必要なので、学習教材に関しては節約にはなりません。簿記3級の勉強の仕上げには過去問も解く必要があるので、過去問題集の代金も節約はできません。

あくまでも受験に関する費用のみが節約できます。

簿記3級の試験開始時刻である午前9時にコンディションを合わせなくていい

簿記3級の試験は午前9時に始まります。脳がしっかりと目覚めている状態で午前9時を迎えるためには3時間前である午前6時に起きる必要があります。

簿記3級を受験しない場合、午前6時に起きる必要がありません。早起きが得意な人にとっては大きなメリットではないですが、私のように夜型の人間の場合は大きなメリットです。起きられなかった場合は即不合格ですので、精神的なプレッシャーもかなりあります。

夜型の人間にとって午前9時にコンディションを合わせなくていいというのは大きなメリットです。

簿記2級をいきなり受験するデメリットは「戦略が難しい」「途中であきらめると簿記3級の合格が残らない」「モチベーションの維持が大変」

戦略的な難易度が高い

簿記2級をいきなり受験する場合も、簿記3級の勉強からしていきます。そして、簿記3級の過去問を60分以内に95点以上得点できる実力をつけてから簿記2級の勉強に入っていきます

関連記事

「簿記3級の過去問を60分以内に95点以上得点できる実力をつけてから簿記2級の勉強に入る」という決まりはありませんが、私の経験上、簿記2級にスムーズに合格するためにはこのレベルの簿記3級の実力が必要です。

詳しくは「簿記3級の目標時間と目標得点」で解説しています。この記事は簿記1級を目標としている人のための記事ですが、簿記2級が目標の人にも同じことが言えます。

実際に試験を受けずに過去問を解くだけでも大丈夫なのですが、それでも簿記3級の試験を受ける場合と比べると簿記2級の勉強に入っていいのかの判断が難しくなります。

途中であきらめると簿記3級の合格が残らない

簿記3級の試験に合格してから簿記2級の勉強に入る場合、たとえ簿記2級の勉強の途中であきらめてしまったとしても簿記3級の合格は残ります。

しかし、簿記2級をいきなり受験する場合は同じタイミングであきらめてしまったとしても簿記3級の合格は残りません。

もちろん次の簿記3級の試験で合格すればいいのですが、あきらめてしばらくしてから受ける試験で合格できるとは限りません。もしかしたら簿記3級に合格できないことも考えられます。

モチベーションの維持が大変

簿記3級に合格するためには約10週間の勉強が、簿記2級に合格するためには約16週間の勉強が必要です。

関連記事

簿記3級の学習期間については「簿記3級を完璧に身につけるのに必要な勉強時間と勉強の流れ」で、簿記2級の学習期間については「簿記2級を完璧に身につけるのに必要な勉強時間と勉強の流れ」で詳しく解説しています。

全くの初心者が簿記2級に合格するためには合わせて約26週間、およそ6ヶ月の学習期間が必要になります。簿記2級に合格するためには6ヶ月の間モチベーションを維持しなければなりません。

簿記3級を受験する場合は、ひとまずは簿記3級の合格を目標にがんばり、簿記3級に合格したら簿記2級の合格に目標を切り替えます。小目標ができることによりモチベーションを維持しやすいです。

簿記2級をいきなり受験した方がいい人の特徴3選

絶対に簿記2級以上を取ると決めている人

絶対に簿記2級以上を取ると決めている人には「途中であきらめると簿記3級の合格が残らない」と「モチベーションの維持が大変」というデメリットが当てはまらないので、簿記2級をいきなり受けることをお勧めします。

簿記資格が必要になるまで6ヶ月以上の時間がある人

しばらくは就職や転職をしない人など、簿記資格が必要になるまでに時間がある人は急いで簿記3級に合格する必要はありません。初学者が簿記2級に合格できるまでの学習期間はおよそ6ヶ月程度なので、6ヶ月以上時間をかけることができる人は簿記2級をいきなり受けることをお勧めします。

数年前に簿記3級に合格している人

数年前に簿記3級に合格している人であっても、簿記2級の合格を目指すときには簿記3級から勉強する必要があります。

簿記3級の過去問を60分以内に95点以上得点できる実力があるのであれば簿記2級から勉強を始めても構いません。しかし、よほど実務で簿記を使っている人でない限り、それだけの力は残っていない可能性が高いです。

そのとき、もし簿記2級の勉強の途中であきらめてしまっても簿記3級はすでに取得しているので、「途中であきらめると簿記3級の合格が残らない」というデメリットはなくなります。

そういった観点から、数年前に簿記3級に合格している人は簿記2級をいきなり受けることをお勧めします。

簿記3級から受験した方がいい人の特徴2選

途中で諦めてしまうかもしれない人

先ほどお伝えしたとおり、簿記2級をいきなり受験する人が簿記2級の途中であきらめてしまった場合、簿記の資格は何も残りません。

簿記3級から受験していれば簿記3級の合格は残るので、途中で諦めてしまうかもしれないと思う人は簿記3級から受験した方が無難です

簿記資格がすぐに必要な人

初学者が簿記2級に合格するまでには6ヶ月程度はかかります。6ヶ月以内に就職や転職をする人は簿記2級の合格が間に合わないので、簿記3級だけでも合格しておく必要があります

最終的には簿記2級に合格するつもりであっても簿記3級も受験しておく必要があります。

色々と特徴をあげましたが、状況は人によって異なります。簿記2級をいきなり受けるメリットとデメリットを比較して各自判断することが何より大切です。

関連記事

簿記2級をいきなり受験する人も簿記3級から受験する人も簿記3級の勉強は必要です。簿記3級の勉強内容については「暗記不要の簿記独学講座-簿記3級」で、簿記3級の勉強法については「簿記3級勉強法」で詳しく解説しています。

弊社の簿記通信講座でがんばりたいという人は「簿記革命3級」をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました