【新卒者向け】簿記1級は就職活動に有利?意味ない?

  • 簿記1級をとろうと思ってるんだけど就職活動で有利になるのかな……
  • 簿記1級があると逆に不利になることもあるって本当?
  • 簿記1級を就職活動で活かす方法を教えて!

「簿記1級は就職に有利」「簿記1級はオーバースペックで逆に不利になる」など、いろいろな情報が流れています。そういった状況もあり、簿記1級を就職活動のためにとるべきか分からない、すでに簿記1級を持っているけれどどうやって活かしたらいいのか分からないというケースは非常に多いです。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者をこれまでに送り出させていただきました。簿記1級が就職活動にどのように影響するかも知っています。

この記事では就職活動のために簿記1級をとるべきか、簿記1級をどのように就職活動で活かしていくかについて解説します。

この記事を読めばあなたの就職活動において簿記1級とどのように付き合って行くかが分かります。

結論を言うと、就職活動のために簿記1級を取るのはおすすめしませんすでに持っている人は「履歴書にそっと書く」「簿記1級について質問されたら答える」くらいにしておくと印象がいいです。

この記事は「新卒者」の就職について解説しています。「既卒者」の転職については「日商簿記1級を転職に役立たせるために」で詳しく解説しています。

就職活動のために簿記1級をとるのはコスパが悪い

簿記1級をとるのにかかる時間:平日2時間の勉強で約1年

簿記1級は簿記2級と比べて難易度が急激に上がります。分量も大幅に増え、合格率も約10%前後です。

一発合格した場合でも537時間かかります。537時間という時間は平日2時間の勉強をしたとして約1年かかる時間です。

関連記事

簿記1級にかかる勉強時間を537時間としている根拠については「【社会人向け】簿記1級の合格に必要な勉強時間の目安」で詳しく解説しています。

社会人向けと書いていますが、大学生でも同じです。

この2点から、就職活動の選考に間に合わせるためには簿記の勉強を遅くとも大学2年生の4月に始める必要があります

大学2年生の4月に簿記の勉強を始めると、大学2年生の6月で簿記3級、大学2年生の11月に簿記2級の実力がつき、大学3年生の11月に簿記1級に合格できます。

ただし、全て順調に進んだ場合の話です。現実的には大学1年生の間から勉強を始めておかないと間に合わない可能性が高いです。

就職活動のために簿記1級をとるのはかなりハードスケジュールになります。

簿記1級をとることで得られる評価:内定の決め手になるほどではない

簿記1級をとるのがハードでも、それに見合うだけ評価されるのであればがんばって合格する価値もあります。しかし次の理由から、実際にはそれほど評価されません。

  • 簿記2級までとっておけば、就職後に勉強しても十分に間に合う
  • 簿記1級であっても、実務経験がなければ仕事はできない

もちろん、簿記1級は簡単に取れる資格ではないので「やる気」や「真面目さ」は評価されます。しかし、「やる気」や「真面目さ」のために取るには簿記1級はハードすぎます。

就職活動のために簿記1級を取得するのはかなりコスパが悪いです。

簿記は簿記2級までにしておいて、「word」「excel」「会計ソフト(弥生会計など)」の練習をしておく方が「やる気」や「真面目さ」のアピールとしてはコスパが圧倒的にいいです。

簿記1級を就職活動に役立てるための3つのポイント

簿記1級をすでに持っている人、コスパが悪くても簿記1級を取りたい人は上手に役立てましょう。簿記1級を就職活動に役立てるためのポイントは次の3つです。

  • 就職先は「大企業」または「会計事務所」にすること
  • 資格を過度にアピールしないこと
  • 大切なのはコミュニケーションだと心得ること

就職先は「大企業」または「会計事務所」にすること

簿記1級の能力を必要とする主な業務は「合併」「買収」「事業分離」です。この業務を行うのは大企業に限られています。

上場を視野に入れている中小企業なども株式上場の準備で簿記1級の能力が必要とされます。

しかし、新卒者が戦力になるまで待てないので、上場の準備のために新卒者を採用することはありえません。

将来、税理士を目指すのであれば会計事務所への就職は有力です。簿記1級を保有している状態で会計事務所に就職し、働きながら税理士試験の勉強をするという計画は非常に合理的だと言えます。

逆に、税理士を目指していないのであれば会計事務所への就職はおすすめしません。理由は次の3つです。

  • 教育に熱心ではない(上司や先輩もクライアントを抱えているので、繁忙期には教育どころではない)
  • 繁忙期には残業が当たり前で、肉体的にかなりきつい
  • 税理士資格がない人は「補助者」という位置づけなので給料が安い

会計事務所で働くのであれば「税理士になる前の勉強をお金をもらいながらさせてもらっている」と考えるくらいでちょうどいいです。

そもそも会計事務所は即戦力を採用するので新卒者を取らないところも多いです。

資格を過度にアピールしないこと

たとえ簿記1級を持っていても、実務を経験したことがない新卒者が即戦力になることはありえません。社会人はみな知っています。みんな仕事で経験を積みながら一人前になっていくのです。

新卒者は「大学在学中に起業した事業を売却して就職した」というような異色の経歴でもない限り、100%「成長(伸びしろ)」を期待して採用されています。

現在の能力で戦力になるとは期待されていません。

「資格を持っているから自分は一人前です」という姿勢は成長の阻害要因なので採用に不利になることは十分考えられます。

簿記1級については「履歴書にそっと書く」「聞かれたら答える」くらいにしておく印象がいいです。

大切なのはコミュニケーションだと心得ること

経理の仕事は一人で黙々と記帳しているイメージがあるかもしれません。しかし、現在は変わってきています。

記帳などの業務はアウトソース(外注)が進んでいるし、派遣社員が担当している企業も増えています。

安く外注できる仕事を正社員に期待する企業はありません。簿記1級を持っている新卒者には次のようなキャリアを期待しています(あくまでも一例です。かなり一般化しています)。

  • 20代:現場で経験を積み、現場を経理の視点からよくする
  • 30代:管理会計で得られた情報を現場にフィードバックして効率化する。
  • 40代:「合併」「買収」「事業分離」など専門的な会計の仕事を担当してもらう
  • 50代:経理・財務の面からの会社経営のサポートをしてもらう(CFO:最高財務責任者)

この全てに必要なのはコミュニケーションです。

現場をよくするためには、現場とコミュニケーションを円滑にとって、現場が何に困っているのか知る必要があります。

管理会計で得られた情報を現場にうまく伝え、現場の反発を招くことなく改善するためにもコミュニケーション能力が必要です。

「合併」「買収」「事業分離」のどれも当事者の立場を考慮してうまく意見をまとめる必要があります。

会社経営のサポートをするためには会計の専門家ではない社長に企業の状態をわかりやすく伝える必要があります。

これからの経理はコミュニケーションがうまくないと仕事になりません。少なくとも正社員として出世することはできないと考えた方がいいです。

もしこのような仕事をしていくことに抵抗があるなら、簿記1級を活かそうとしない方がいいかもしれません。

経理と無関係な部門での活躍を期待して簿記1級保持者を採用することはないので、簿記1級を活かそうとしたら経理関係の仕事にほぼ確実に配属されます。

簿記1級が就職に不利になる場合もある

簿記1級は難易度も高く、価値もある資格です。通常であれば簿記1級を持っていることが不利になることはありません。ないよりはある方がいいに決まっています。

しかし、次の3つのどれかに当てはまる場合は不利になる可能性があります。

経理のみを希望する場合

これからの経理の仕事は現場とのコミュニケーションが期待されます。場合によっては現場に異動して経験を積ませるような人事が出るかもしれません。

このことに拒否反応がある場合、簿記1級の強みが活かせません。正社員としての経理のキャリアを積むことができないからです。

それなら簿記1級を持っていない人を採用しようと考えても不思議ではありません。

コミュニケーションに問題があると判断された場合

これからの経理に必要なのは会計の専門知識だけではありません。コミュニケーション能力も間違いなく必要になります。

もちろん入社後にトレーニングして行くので、新卒の時点で高い能力がある必要はありません。しかし、あまりにも問題があると敬遠される可能性は十分にあります。

中小企業では不利になる場合もある

中小企業では簿記1級の知識はほとんど必要ありません。もちろん必要ないだけで、邪魔になることはないので本来なら不利にはならないはずです。

ところが、上司にあたる人が簿記1級を持っていなくて、かつ、器量に乏しい場合、自分の立場を心配して不採用となる可能性があります。

そのような会社に就職してもいいことはありませんので、この不採用は悪いことではありません。簿記1級を持っていたことでブラック企業を避けることができたと前向きに考えましょう。

【まとめ】簿記1級を就職に活用する方法

簿記1級を就職のためだけに取るのはコスパが悪いです。就職を希望する会社が大企業または会計事務所である場合には簿記1級の資格も生きてきますが、そうでない場合はおすすめできません。

簿記1級を就職で活用するためには簿記1級に合格していることを過度にアピールしないこと、コミュニケーションにも全く問題がないことを伝えることが大切です。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました