経理に転職するために英語は必要?

経理転職への道
経理に転職したい女性
経理に転職したい女性

経理に転職するのに英語は必要なのかな。必要ならどのくらい必要なんだろう。その英語力を身につけるにはどうやって勉強するのがいいのかな。

こういった疑問に答えます。

ちなみに、この記事を書いている私は日商簿記に合格するための通信講座を2012年から運営し、これまでに数百人の合格者を送り出しています。その結果、得られた転職への成功例もたくさんお聞きしています。

また、私は経営者でもありますので、採用する側の考え方もよく分かっています。こういった私が解説していくので、信頼性の高い情報だと思います。

大企業や外資系企業に経理として転職する場合は英語が必要

経理として転職するのに英語が必要なのは「大企業に転職する場合」と「外資系企業に転職する場合」です。

大企業では外国との取引も多いため、経理であるかどうかに関わらず最低限の英語力は必要とされるケースが大半です。

また、外資系企業の場合も日常的に英語が使われているので、外資系企業に転職しようと思ったら英語力は必須であるといえます。

私の周りの例を見ても、よほどの専門職でもない限り、英語ができずに大企業や外資系企業に就職や転職した人はいません。

やはり経理であるかどうかに関わらず大企業や外資系企業に転職するのであれば最低限の英語力は必要です。

しかし、中小企業に経理として転職する場合は、基本的に英語力は問題とされません。業務として英語を使うことはあまりないからです。

中小企業に転職された方の多くは英語力に関しては面接でも全く聞かれなかったとのことです。

もちろん英語をよく使う中小企業もあるので、英語ができると有利には違いありません。なのですでに英語ができる場合、その英語力をアピールするのは効果的です。

しかし、中小企業に経理として転職するために今から英語を勉強するというのはコスパが悪いと言えます。

経理として転職するために必要な英語力

経理として転職する場合、英語力が必要なのは「大企業への転職」と「外資系企業への転職」だとお伝えしました。では、一体どのくらいの英語力が必要なのでしょうか。

大企業の場合:英検準1級以上またはTOEIC700点以上

大企業では日常業務として英語を使う機会も多く、経理であるかどうかに関わらず英語力は必須と言えます。新卒就職の場合でも英検やTOIECの点数が必須である大企業も多いです。

とはいえ、非常に高いレベルの英語力が必須というわけではありません。あまりにも高い英語力を必須としてしまうと「英語はあまりできないけれど経理のエキスパート」という人材を採用できなくなってしまうからです。

企業にもよりますが、一般的には「英検準1級以上」または「TOEIC700点(できれば750点)以上」が必要です。

外資系企業の場合:英検準1級以上またはTOEIC800点以上+英語の面接に対応できるスピーキング力

外資系企業では日本語よりも英語を使っている企業も多く、上司が外国人だったりすることもあります。英語力は必須です。

英検やTOIECなども大切ですが、それ以上に「きちんと英語でコミュニケーションが取れること」が大切です。

特に英語力が低くてもTOEICで高得点が取れる場合も多く、そういった形でTOEICの点数だけ高くても面接ですぐにバレてしまいます。本当の英語力を身につける必要があります。

「自分以外みんな外国人」という部署で働いている友人がいますが、TOEICは700点台前半です。ですが英語でのコミュニケーションはきちんととれるのでバリバリ働いています。

英語ネイティブの人は「手加減」して話してくれるので、ある程度英語が話せれば業務上問題ありません。友人も「ネイティブ同士の英語の会話は全く聞き取れない」と言っていました。

外資系企業に転職する場合は「英検準1級以上」または「TOEIC800点以上」に加えて「英語の面接に対応できるだけのスピーキング力」が必要です。

経理に転職する際に効果的な英語の勉強方法

大企業や外資系企業に経理として転職する場合には英語が必要です。しかし、もっと必要なのは「経理としての実務経験」です。なので英語を勉強して大企業や外資系企業に転職する場合であっても英語以上に豊富な実務経験を積む必要があります。

経理未経験者が経理として大企業や外資系企業に転職するのは99%不可能です。大企業や外資系企業に転職したい経理未経験者の方は、まずは中小企業に転職して実務経験を積む必要があります。未経験者が中小企業に経理として転職する場合、ほぼ唯一の武器が資格です。経理に転職するために効果が高い資格については経理への転職に有利な資格3選+1【失敗しない】をご覧ください。

経理としてしっかりとキャリアを積みながら並行して英語の勉強もしていくことになります。

その際、「英検準1級」や「TOIEC800点」などを目標にするのもいいのですが、資格だけでなくきちんと英語でコミュニケーションできることを目指すことが大切です。

英語の具体的な勉強法については私は実力的に伝えられる立場にはありませんので、詳細は差し控えます(英語については私よりできる方がたくさんいますので、そういった方を参考にしてください)。

まとめ

経理として中小企業に転職する場合は、英語は特に必要ではありません。大企業や外資系企業に経理として転職する場合は英検準1級またはTOEIC700点(外資系企業は800点)が必要です。また、英語力以上に経理としての実務経験が必要です。

大企業や外資系企業に転職したい経理未経験者の方は、経理への転職に有利な資格3選+1【失敗しない】をご覧ください。

英語の勉強をする際は、資格取得を目標にするのもいいのですが、資格だけでなくきちんと英語でコミュニケーションできることを目指すことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました