経理未経験で経理に転職するのは難しい?【方法はあります】

経理転職への道
経理未経験だけど経理に転職したい人
経理未経験だけど経理に転職したい人

経理未経験の人が経理に転職するのってやっぱり難しいのかな。難しいとしても人によるよね。学歴や年齢も人それぞれだし。自分の場合はどうなのかな。難しくてもがんばるつもりだけど、どんな努力をしたらいいのかな。

こういった疑問に答えます。

ちなみに、この記事を書いている私は日商簿記に合格するための通信講座を2012年から運営し、これまでに数百人の合格者を送り出しています。その結果、得られた転職の成功例もたくさんお聞きしています。

また、私は経営者でもありますので、採用する側の考え方も分かります。こういった私が解説していくので、信頼性の高い情報だと思います。

経理未経験で経理に転職する難易度は高い

結論から言うと、経理未経験者が経理に転職する難易度は高いです。特に外資系企業や大手企業に未経験者が転職するのは不可能に近いレベルです。

求人サイトにおける経理未経験者に対する状況は次のようになっていました。

外資系企業の場合

外資系企業の経理の求人を50件調査したところ、経理での実務経験に関する応募資格(必須)は次のようになっていました。

  • 記載なし:8%
  • 実務経験3年以上:50%
  • 実務経験5年以上:30%
  • 実務経験7年以上:6%
  • 実務経験10年以上:4%
  • 実務経験15年以上:2%

実務経験の具体的な内容は企業によって異なるので、実務経験の年数を満たしていてもその求人すべてに応募できるわけではありません。

私の経験からも、経理未経験者がいきなり外資系企業の経理に転職した人を1人も知りません。総合的に考えて、経理の実務経験がない人が外資系企業に経理で転職するのは不可能に近いです。

大手企業の場合

大手企業の経理の求人を50件調査したところ、経理での実務経験に関する応募資格(必須)は次のようになっていました。

  • 記載なし:2%
  • 実務経験1年以上:4%
  • 実務経験3年以上:68%
  • 実務経験5年以上:24%
  • 実務経験6年以上:2%

実務経験が3年なければほとんどの求人にエントリーできません。また、実務経験の具体的な内容は企業によって異なるので、実務経験の年数を満たしていてもその求人すべてに応募できるわけではありません。

私の経験からも、経理未経験者がいきなり大手企業の経理に転職した人を1人も知りません。総合的に考えて、経理の実務経験がない人が大手企業に経理で転職するのは不可能に近いです。

中小企業の場合

中小企業(従業員100人以下)の経理の求人を50件調査したところ、経理での実務経験に関する応募資格(必須)は次のようになっていました。

正社員のみではなく、派遣社員や契約社員の募集も含んでいます。
  • 未経験者OKまたは記載なし:34%(うち18%が「経験者優遇」)
  • 実務経験1年以上:8%
  • 実務経験2年以上:2%
  • 実務経験3年以上:48%
  • 実務経験5年以上:4%
  • 実務経験10年以上:4%

外資系企業や大手企業に比べると未経験者が応募できる求人が34%と多いです。しかし、そのうちの18%が経験者優遇とあるため、この求人に経験者が応募してきた場合は未経験者は採用されない可能性が高いです。

そう考えると実質的に未経験者が応募できるのは16%です。かなり減りましたが、それでも中小企業は大手企業や外資系企業に比べるとチャンスが多いです。

経理未経験者が経理に転職したい場合、たとえ大手企業や外資系企業が希望だったとしても、まずは中小企業に転職して実務経験を積むのが現実的です。

経理未経験の人の中でも難しさに個人差はある

次に、経理未経験者の求人にしぼって、求められている資格や属性を見ていきます。

学歴

学歴については次のようになっています。

  • 記載なし:41%
  • 高卒以上:29%
  • 短大卒以上:6%
  • 大卒以上:6%

記載なしが最も多いですが、だからといって中卒でも全く不利がないとは考えられません。やはり高卒以上が必要となってくると考えるのが妥当です。

簿記資格

  • 記載なし:47%
  • 日商簿記3級以上:12%
  • 日商簿記2級以上:41%

日商簿記2級が必須の求人が41%あります。記載なしであっても「日商簿記2級または3級取得者優遇」である求人も多いため、少なくとも日商簿記3級できれば日商簿記2級は取得しておくべきでしょう。

簿記以外の資格またはスキル

  • 普通免許:12%
  • PC操作(word、excelなど):35%

普通免許が必要ということは経理だけが業務ではなく車移動の仕事もあるということです。また、PC操作が必要ということは、経理以外に一般事務も行う可能性があります(経理でもPCを使うので、絶対そうとは言えません)。

車の運転や一般事務はしたくないという特別な理由がないのであれば、これらのスキルや資格は身につけておいた方が採用されやすいと言えます。

年齢

  • 記載なし:82%
  • 第二新卒(一般的に25歳以下):6%
  • 35歳以下:12%

年齢に関する記載は少ないですが、年齢は影響しないというわけではありません。年齢制限を設けてはいけないという法律があるから記載されていないだけです。例外はいくつか認められているので、その例外に当てはまる場合のみ記載されています。

年齢を理由に採用・不採用を決めるのは原則として法律違反になります。しかし、本当は年齢が理由であっても、別の理由をつけて不採用となるというだけの話で、年齢による不利がなくなったわけではありません。

35歳を超えると年齢的には非常に不利です。35歳を超えて未経験の方で転職できた人は私が直接知る限り1人もいません。

まとめると、同じ経理未経験者であっても「若く(20代)」「高卒以上」で「日商簿記2級」と「普通免許」を取得し、「PCスキル」があれば採用されやすいと考えられます。

実際、これは私の経験からも合っていて、経理に転職できた経理未経験の方はこれらの全てに当てはまっているケースがほとんどです。「普通免許を持っていない方」「年齢が30代前半の方」で転職できた方もいましたが少ないです。

ちなみに、40代以上で経理に転職した方は、私が知る限り、全員が実務経験者です。

経理未経験の人が経理に転職するためにやるべきこと

これまでの内容から、経理未経験者の人が経理に転職するためにやるべきことが見えてきます。やるべきことは次の3つです。

  • 日商簿記2級を取得する
  • PCスキルを身につける
  • 普通運転免許を取得する

日商簿記2級を取得する

経理の実務経験がない人によって唯一の武器は「資格」です。簿記の資格にはいろいろなものがありますが、現実問題として日商簿記検定1択、できれば2級を取得したいところです。

日商簿記2級はしっかりと勉強すれば確実に合格できる試験ですので、取得しておくことが大切です。

PCスキルを身につける

ほとんどの人がPCスキルはあると思います。それほど高いスキルは要求されないので、ある程度PCが使えて、さらにワードとエクセルが使えるようにしておけば大丈夫です。

普通運転免許を取得する

すでに持っている人も多いと思いますが、もし持っていなければ取得しておいた方が無難です。ただ、それほど優先順位は高くありません。

大切なことはすぐに行動を始めること

思いのほか影響が大きいのは「年齢」です。経理働いている人は年齢が増える分、実務経験も増えるので大丈夫なのですが、現在経理で働いていない人は年をとるごとに確実に不利になっていきます。

特に35歳を超えて未経験の方で転職できた人は私が直接知る限り1人もいません。現在の年齢に関わらず、実務経験がないまま年齢を重ねて有利になることはありません。一刻も早く行動を始めることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました