簿記検定で予想問題集を使うときの注意点

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。簿記の勉強の総仕上げとして予想問題集を解こうとしている方が多くいらっしゃいます。予想問題集を解くことは悪いことではないのですが、予想問題集を解くべき人というのは非常に限られているのが現実です。

この記事では予想問題集を使うときの注意点についてお伝えします(ちなみに、記事の内容は主に簿記3級と簿記2級についてになります。簿記1級の予想問題はあまり当たらないので、予想問題というより「過去問風の練習問題」だと言えます)。

予想問題集を使う前にやるべきこと

予想問題集は勉強の最後の最後で使うべきものです、なので予想問題集を使おうとする段階で次の勉強は終了しておく必要があります。

これらを全て終えた上で苦手なところがなく、すでにやることがなくなってから予想問題集に手を出すことになります。

勘のいい方はお気づきかと思いますが、これだけ勉強ができていればほぼ確実に合格します。簿記3級と簿記2級は確実に高得点が狙えるはずですし、簿記1級でも合格はほぼ確実だと考えられます。

つまり予想問題集は合格が確実な人がさらなる高みを目指すときに使うものなのです。まずは「予想問題集は合格が確実な人がさらなる高みを目指すときに使うものである」という点を確認しておいてください。

答案練習や模擬試験、予想問題を受ける必要はない4つの理由

予想問題集はそれなりに当たる

簿記1級はともかく簿記3級と簿記2級は出題パターンがある程度決まっているので、それなりに当たります(ただし、「○%的中」といった文言は参考程度にとどめておくことが大切です)。

ですが、過去問の方が明らかに当たりますし、そもそも試験問題を当てようとしている時点で先ほどお伝えした「合格が確実な人」ではない可能性が高いので、当たるかどうかにそれほどの価値はありません。

「簿記3級と簿記2級の予想問題集はそれなりに当たる」という点は事実なので、事実としてお伝えしておきます。

各社の予想問題集の特徴

一般的な簿記の予想問題集は次の2つです。

  • ラストスパート模試(ネットスクール)
  • TAC直前予想(TAC出版)

これらの特徴は次のとおりです。

ラストスパート模試(ネットスクール)

難易度は過去問題と同程度です。出題形式も本試験と似ているので、「自信を持って本試験に臨むため」に使うのが正しい使い方だと言えます。

ただ、予想問題集に手を出そうとしている時点で、たいていの方は自信を持って本試験に臨めるはずです(合格は確実な実力がついているはずだからです)。

なので、実力はしっかりあるのに自信を持てないタイプの人がラストスパート模試で高得点を取ることで自信を持てるのであれば、ラストスパート模試の正しい使い方だと言えます。

TAC直前予想(TAC出版)

「TAC直前予想」は問題の難易度が高いのが特徴です。また、かなり特殊な出題形式の問題も出ていたりするので、「相当自身がある人がより100点満点の確率を上げるため」に使うのが正しい使い方だと言えます。

簿記3級や簿記2級であっても過去に見たことがない問題が出題されたり、相当昔に出題された問題が急に復活したりすることもあるので、そういった問題に対する練習という目的で使うことになると思います。

当然、こういった問題を間違えても合否には影響しないので、本当に満点を確実に取りたい人だけが使うべき予想問題集だと言えます。

解くときは最低でも3回は繰り返し解く

予想問題集の使い方は過去問題集と原則同じです。最低でも3回は繰り返し解くことが必要です。というより解かなければ解く意味がありません。

予想問題集を解こうとしている時点で合格は確実なはずですから、合格を目指すという目的ではなく、自分の実力をより高めるためという目的で予想問題を活用してください

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ