簿記の勉強の流れと【簿記革命】の使い方

Pocket

簿記の勉強の流れは大まかに言うと次のようになります。

  1. 仕訳の考え方を身につける
  2. 基本問題集で練習する
  3. 過去問で仕上げる

この流れを【簿記革命】の使い方を踏まえながらお伝えします。

1.仕訳例から仕訳で考えるコツをつかむ

仕訳は覚えるものではありません。考えて作るものです。この感覚を「仕訳例」からつかんでください。仕訳を覚えようとする勉強の仕方では簿記2級が限界です。仕訳を覚えずに、考えて作る感覚をできるだけ早くつかんでください。仕訳で考えるコツについては仕訳を勉強していくときの心構えでも触れていま す。

「簿記革命合格テキスト」では仕訳をただ載せるだけではなく、どのように仕訳を使って考えるかを徹底した解説を載せています。仕訳で考えるとはこういうことなんだという点をしっかりとつかんでください。

2.仕訳で考えるコツをつかんで基本問題集を解く

仕訳で考えるコツをつかんだら、その考え方を使って基本問題を解いてみましょう。実際に仕訳を切ることで、仕訳の考え方がより定着していきます。初めて見る問題でも自力で考えて仕訳を切れるようになれば理想的です。

「簿記革命合格問題集」では、この仕訳を考える力を定着させることを最大の目的に作成しています。きちんと繰り返して練習することで仕訳を切る力が自然とついていきます

3.過去問で仕上げる

簿記2級までの場合は、基本問題を解いて仕訳を切る力を確実につけていけば、本試験問題を解く力は十分にあります。しかし、簿記1級の場合は基本問題集と本試験問題の間には大きな難易度の差があります。本試験問題は難しいです。

ですが、基本問題集でしっかりと仕訳を考えて作る力をつけていれば本試験問題を合格点取るだけの簿記の力はついています。あと身につけるべきは本試験問題独特の難しい言い回しや時間配分、問題のクセなどに慣れていくことだけです。

基本問題集でつけた「簿記の力」に「簿記検定で得点する力」を乗せていくイメージです。

このような形で【簿記革命】を使っていくとぐんぐん力がついていきます。【簿記革命】を使っていない方も御手許の学習道具をこのように使うといいと思います。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ページトップへ