企業会計原則(一般原則)

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では企業会計原則の中の一般原則について解説します。

一般原則

一般原則は損益計算書と貸借対照表に共通する原則です。具体的には次の7つが一般原則に挙げられています(これらの名前は通称で、正式な名称ではありません。正式には「第一原則」のように数字で呼びます)。

  1. 真実性の原則
  2. 正規の簿記の原則
  3. 資本取引・損益取引区別の原則
  4. 明瞭性の原則
  5. 継続性の原則
  6. 保守主義の原則
  7. 単一性の原則

このほかに、「一般原則ではないけれど非常に重要な原則」として「重要性の原則」があります。

一般原則の構成

一般原則は大きく分けると次の2つに分けられます。

  • 実質原則(金額を決める原則)
  • 形式原則(表示に関する原則)

実質原則

実質原則とは資産・負債・資本・収益・費用の金額をいくらにするのかを決める原則です。「会計処理」に関する原則だと言うこともできます。

実質原則にあたる一般原則は次の3つです。

  • 資本取引・損益取引区別の原則
  • 継続性の原則
  • 保守主義の原則

形式原則

形式原則とは、どのように記録・表示するのかに関する原則です。形式原則にあたる一般原則は次の3つです。

  • 正規の簿記の原則(記録に関する原則)
  • 明瞭性の原則(表示に関する原則)
  • 単一性の原則(記録・表示に関する原則)

ちなみに、実質原則と形式原則の最上位に位置する原則が「真実性の原則」で、実質原則や形式原則は真実性の原則を守るための原則だと考えることもできます。

次回以降、真実性の原則から1つずつ解説していきます。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

タグ:,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ