月末仕掛品の評価(月初仕掛品がない場合)

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では月末仕掛品の評価(月初仕掛品がない場合)について解説します。

仕掛品とは…

仕掛品とは、文字通り「仕掛かっている品」です。つまり作業途中の製品ということになります。

個別原価計算の場合は、製造指図書別に原価が集計されます。月末の時点で完成していれば完成品原価となり、未完成であれば月末仕掛品原価となります。

個別原価計算に対して総合原価計算では、原価計算期間中の総製造費用を生産量で完成品と月末仕掛品に配分して月末仕掛品原価を計算します。

この月末仕掛品原価の計算を月末仕掛品の評価といいますが、評価方法として「先入先出法」「平均法」などがあります(月末仕掛品の評価(月初仕掛品がある場合)で詳しくお伝えします)。

月末仕掛品の加工進捗度と完成品換算量

総合原価計算において月末仕掛品の評価を行うためには「加工進捗度」をもとに計算した「完成品換算量」というデータが必要です。

加工進捗度

月末仕掛品の評価を行うためには、月末仕掛品1つが完成品1つに対してどれくらいの原価を負担しているのかを計算しなければなりません。完成品と未完成品(月末仕掛品)が同じ原価のわけがないからです。

一口に月末仕掛品といっても、あと少しで完成する月末仕掛品と今加工を開始したばかりの月末仕掛品では原価も変わってきます。どれだけ加工が進んでいるのかによって原価も変わってくるということです。

この「どれだけ加工が進んでいるのか」を表す数値を加工進捗度といいます

完成品は加工が全て完了しているので加工進捗度は100%です。それに対して全く加工が始まっていない場合は加工進捗度0%です。半分だけ加工が終わっている場合は加工進捗度50%となります。

完成品換算量

完成品換算量とは、月末仕掛品全体が完成品何個分なのかをあらわす数値です。

総合原価計算では、原価計算期間中の総製造費用を生産量で完成品と月末仕掛品に配分して月末仕掛品原価を計算しますが、この配分を行うためには完成品と月末仕掛品を同じ単位で計算しなければなりません。

この「同じ単位で計算」を行うためには月末仕掛品全体が完成品何個分なのかを表す数値が必要なのです。

完成品換算量は次の計算式で求めることができます。

月末仕掛品の完成品換算量=月末仕掛品量×加工進捗度

また、完成品換算量で表した完成品量と月末仕掛品量の合計を期間生産量または完成品換算総量といいます。完成品換算総量は次の計算式で求めることができます。

期間生産量(完成品換算総量)=完成品量+月末仕掛品の完成品換算量

期間生産量(完成品換算総量)を使うことで、原価計算期間中の総製造費用を完成品と月末仕掛品に配分することができます。

月末仕掛品の評価の具体例(月初仕掛品がない場合)

資料

  • 当月製造費用…2,600,000円(材料費…1,000,000円、加工費…1,600,000円)
  • 期間生産量…完成品60個、月末仕掛品40個(加工進捗度50%)
  1. 月初仕掛品はないものとする
  2. 材料は工程の始め(始点)に全て投入される

では、この資料をもとに完成品原価と月末仕掛品原価を計算してみましょう。

考え方

総合原価計算では通常は原価要素を「材料費(直接材料費や素材費ということもあります)」と「加工費(労務費や経費など、材料費以外の原価要素)」の2つに分けて計算します。

材料は最初に全て投入されることが多い(加工進捗度に応じてだんだんと投入される場合や最後に全て投入される場合もありえます)のに対して、加工費は完成に向かって徐々に原価が増えていきます(上の資料でもそうなっています)。

材料費と加工費

図でイメージすると次のようになります(材料の100kg、加工進捗度の70%という数字は例です)。

このように原価の投入のされ方が違うので分けて考えることになります。

ちなみに、個別原価計算では原価を指図書別に集計するので直接材料費、直接労務費、直接経費などに分類しました。

総合原価計算では、原価の投入のされ方で区別する方が有意義なので材料費と加工費に分類します。

では、具体的に上の問題を解いてみましょう。

まずは材料費からです。材料費は工程の始め(始点)に全て投入されているので、月末仕掛品1個あたりの材料費と完成品1個あたりの材料費は同じになります。始めに全て投入されるということは加工進捗度(どれくらい加工が進んでいるか)は関係ないということだからです。

よって、月末仕掛品の完成品換算量は40個になります。

また、期間生産量(完成品換算総量)は(60個+40個=)100個となります。この100個を作るための材料費が1,000,000円なので、完成品1個あたりの材料費は(1,000,000円÷100個=)10,000円となります。

完成品は60個なので、完成品に配分される材料費は(10,000円×60個=)600,000円となります。月末仕掛品の完成品換算量は40個なので、月末仕掛品に配分される材料費は(10,000円×40個=)400,000円となります。

次は加工費です。加工費は加工進捗度を考えなければなりません

月末仕掛品の加工進捗度は50%です。40個の月末仕掛品が50%完成しているので、月末仕掛品の完成品換算総量は(40個×50%=)20個となります。このことは40個のものが50%完成していることと20個のものが完成していることは同じだということを意味しています。

月末仕掛品を完成品と同じ単位で考えるために、このように月末仕掛品が完成品何個分なのかを考えることになります。

よって期間生産量(完成品換算総量)は(60個+20個=)80個となります(完成品は加工進捗度100%なので、そのまま60個となります)。この80個を作るための加工費が1,600,000円なので、完成品1個あたりの加工費は(1,600,000円÷80個=)20,000円となります。

完成品は60個なので、完成品に配分される加工費は(20,000円×60個=)1,200,000円となります。月末仕掛品の完成品換算量は20個なので、月末仕掛品に配分される加工費は(20,000円×20個=)400,000円となります。

いよいよ完成品原価と月末仕掛品原価を求めます。

解答

  • 完成品原価(1,800,000円)=完成品に配分される材料費(600,000円)+完成品に配分される加工費(1,200,000円)
  • 月末仕掛品原価(800,000円)=月末仕掛品に配分される材料費(400,000円)+月末仕掛品に配分される加工費(400,000円)

ボックス図

実際に問題を解くときにはボックス図を使って解きます。この問題をボックス図を使って整理すると次のようになります。

仕掛品

ボックスの右側の合計と左側の合計は必ず一致する(数量も金額も)ことを利用してボックス図を埋めていきます。そして、最終的には完成品原価と期末仕掛品原価を求めます。

実際に試験で問題を解くときには、このように正確に記入する必要はありません。材料費を材、加工費を加、月末仕掛品を末、といったように省略することもあります。自分にあった書き方を自分で見つけ出すことが大切です。

仕訳

このボックス図に関する仕訳を示すと次のようになります。

材料費と加工費を仕掛品勘定に振り替える

借方 金額 貸方 金額
仕掛品 2,600,000 材料費
加工費
1,000,000
1,600,000

完成品原価を仕掛品勘定から製品勘定に振り替える

借方 金額 貸方 金額
製品 1,800,000 仕掛品 1,800,000

月末仕掛品原価である800,000円に関しては特に仕訳は切りません。そのまま次月に繰り越されます。

工業簿記で仕訳の問題はあまり出題されませんが、仕訳は簿記では重要です。学習するときにはときどき仕訳を確認するといいです。ボックス図をしっかりと書ければ仕訳は切ることができます。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

タグ:

“月末仕掛品の評価(月初仕掛品がない場合)” への16件のフィードバック

  1. dsn より:

    ■よろしくお願いします

    月末仕掛品の加工進捗度は、次月の、月初仕掛品の加工進捗度になるのですか?

    • dokuboki より:

      なります。その通りです。同じ理由で当期末の繰越商品も翌期首の繰越商品になります。

      • dsn より:

        ありがとうございます。
        さらに質問させていただきます。
        月初仕掛品の加工進捗度が0.2の場合、完全までの進み具合が20%ってことですよね?
        であるならば、残り80%の費用を計算するのでは…と思ってしまいますが…。
        よろしくお願いします!

        • dokuboki より:

          確かに残りの80%を今月製造することによって月末仕掛品は完成します。なので、当月製造費用が残りの80%に消費されるという点に間違いはありません。

          ただ、「月初仕掛品加工費¥300,000」というように記載されている場合には、この金額は加工進捗度(20%の部分)を表します。この金額は先月に、この月初仕掛品にどれだけの費用をつぎこんだのかを表しているからです。

          ご質問からどこを難しいと感じておられるのか読み取れていないので的外れの回答になってしまったらすみません。

          • dsn より:

            ありがとうございます!すべてがつながりました。大きな勘違いの深みにはまってしまいました
            検定問題では、ほとんどが、月初仕掛品が0.2とか少ない加工進捗度で、月末仕掛品が0.8とかの多い加工進捗度なので、勘違いしてしまいました。ほんとにありがとうございました。助かりました。

  2. みかん より:

    ■当月生産量、製造原価:言葉の意味について

    こんばんは
    おひさしぶりです。

    基本的なことなのですが、言葉の意味でわからないところがあるので教えてください。

    <設定>
    月初仕掛品数量50個、500円
    仕掛品BOXの左上

    当月投入数量80個、800円
    仕掛品BOXの左下

    月末仕掛品数量30個、300円
    仕掛品BOXの右下

    当月完成品数量100個 1,000円
    仕掛品BOXの右上

    上記の設定の場合

    <質問1>
    <当月生産量とは>
    当月投入数量80個をさすのでしょうか?
    当月完成品数量100個をさすのでしょうか?

    問題文で当月生産量という言い回しででてくるときはなぜかいつも「月初月末に仕掛品はない」という設定ばかりなので、いまだにわからない状態です。
    確かに問題を解くだけなら、月初月末に仕掛品がなければ、「当月投入=完成品」となるためどちらで解釈していても問題は解けますが、正確に知りたいと思いました。

    <質問2>
    <当月製造原価とは>
    上記設定でいうと800円をさすのでしょうか?
    1,000円をさすのでしょうか?

    この当月製造原価という言い回しは高低点法の問題の定番ででてくるいいまわしです。

    1月:製品生産量40個、製造原価1200円
    2月:製品生産量50個、製造原価1400円
    3月:製品生産量45個、製造原価1350円

    のような出題のされかたをしますが、ここでいう当月製造原価とは仕掛品BOXのどこの位置を示しているのか知りたいと思いました。

    すみませんがよろしくお願いします。

    • dokuboki より:

      みかんさん、お久しぶりです。早速ご質問にお答えします。

      <質問1>

      「当月生産量」は「当月に生産した量」です。当月に生産したもの全てなので「完成品+月末仕掛品」を意味する言葉になります(月末仕掛品は完成品に換算した数量になります)。

      ボックス図の左側が投入量、右側が生産量です。あくまでイメージですが「ボックス図という機械に左側から材料などを入れたら右側から製品と仕掛品が出てくる」と考えるといいと思います。

      というわけで、みかんさんの「設定」では当月生産量は材料については130個(加工費については加工進捗度がないため不明です)になります。

      ※ただし、完成品のみを当月生産量ということもあります(例外です。普通は完成品のみを指す場合は製品生産量といいます。)。当月投入量を当月生産量ということはありません。

      <質問2>

      「当月製造原価」は「当月の製造原価」です。つまり、「当月の製造にかかった原価」になります。なのでボックス図では左下です。

      みかんさんの「設定」では「当月投入数量80個、800円」のところが当月製造原価になります(加工費については設定がないため不明です)。

      • みかん より:

        お答えありがとうございます。
        理解が合っているか加工費のデータも設定しましたので確認してもらえますでしょうか?

        <設定>
        月初仕掛品数量50個、500円
        月初仕掛品完成品換算量25個、250円
        仕掛品BOXの左上

        当月投入数量80個、材料費800円
        当月投入完成品換算量90個、加工費900円
        仕掛品BOXの左下

        月末仕掛品数量30個、材料費300円
        月末仕掛品完成品換算量15個、加工費150円
        仕掛品BOXの右下

        当月完成品数量100個、材料費1,000円
        当月完成品換算量100個、加工費1,000円
        仕掛品BOXの右上

        <上記の設定の場合>
        「当月生産量」は材料費130個、加工費115個
        となります。
        「当月製造原価」は材料費800円、加工費900円となります。

        ※ここで疑問なのですが
        高低点法のよくある問題で

        1月:製品生産量40個、製造原価1200円
        2月:製品生産量50個、製造原価1400円
        3月:製品生産量45個、製造原価1350円

        ・上記のような表現がありますが製品生産量は仕掛品BOXの右上を指すのに、製造原価は仕掛品BOXの左下を指すことになります。同じ月のデータなのに違うところを指しているのはおかしい感じがします。
        ・データの種類も材料費と加工費にわけて書かれていないのですが、これは月初月末に仕掛品がないという設定で話が進んでいるのでしょうか?だとすると加工進捗度は100%になりますし材料費と加工費にわけて書かれてなくても理解できます。また、製品生産量=当月投入量になるので、同じところを指すことになるので、理解はできます。
        ・しかし問題文には月初月末の仕掛品がないとは書かれていない(私の持っている問題で1問だけ書かれてはいますが多くの問題は書かれていないです)ので疑問です。

        • dokuboki より:

          すみません。質問2のところの解答で誤りがありました。製造原価はボックス図の左下ではなく右上です。よって「当月完成品数量100個 1,000円」になります。

          混乱させてしまって申し訳ありません。ボックス図の左下にあたるのは「当月製造費用」です。私が「原価」の部分を「費用」だと読み間違えてしまいました。

          >データの種類も材料費と加工費にわけて書かれていないのですが、これは月初月末に仕掛品がないという設定で話が進んでいるのでしょうか?

          そういうことになります。固変分解やCVP分析をする問題は、月初仕掛品と月末仕掛品は0とするのが一般的です(微量だという理由で無視することもあります)。ただ、その指示が問題文にないのは、やや不親切だと感じます。

          • みかん より:

            お答えありがとうございます。

            すみません。質問2のところで、りょうさんの説明とは違うことを言ってしまうのですが、こういうことではないでしょうか?

            質問2のところで
            製品生産量も製造原価も仕掛品BOXの右上を指すので、同じところを指すことから、月初仕掛品があろうが、なかろうが固変分解をおこなうにあたっては関係ないという認識でよいでしょうか?

            <少しデータを変えてみます>
            仕掛品があるかどうかが関係してくるのは

            1月:機械作業時間40時間、製造原価1200円
            2月:機械作業時間50時間、製造原価1400円
            3月:機械作業時間45時間、製造原価1350円

            と言った設定の問題の場合で、機械作業時間は当期製造費用(左下)に直接影響を与えることから製造原価(右上)と違う場所のデータであるため、月初月末仕掛品がないという前提で、当月製造費用=当月製造原価となるため、同じ仕掛品ボックスの左下を指せると言った理解でよかったでしょうか?

            • dokuboki より:

              すごく深く考えていますね。基本的にみかんさんの理解でOKですが、少々補足します。

              >質問2のところで…

              確かに同じところを指すのですが、問題がないのではないのが難しいところです。

              そもそも高低点法で「製品生産量」と「製造原価」を使って固変分解を行うことが問題です。

              高低点法は「操業度」の最高と最低を使って固変分解を行うのですが、「製品生産量」は厳密には操業度(生産設備の利用割合)ではないからです。

              なので無理やり固変分解を行うと次のようなことがおこります。

              ・もし製品生産量が0個だった場合、製造原価は0円になる(1円もボックス図の右上には配分されないから)
              ・この点を最低の操業度と解釈して高低点法を使うと固定費は0円になる

              このようなことが起こるのは、操業度ではない製品生産量を操業度だとみなすことが原因です。

              本来の操業度である「機械運転時間」などを操業度とした場合、たとえ1分も機械を動かさなくても減価償却費などの費用がかかり、固定費は0円にはなりません。

              このように、製品生産量を操業度と設定して高低点法を使うのは、論理的ではありません(上の例のようなことが起きないようにするため、正常操業度というものを設定して極端に多い生産量や少ない生産量は無視する指示がある問題もありますが、本来ならばこのようなことを考慮する必要はないはずなのです)。

              ><少しデータを変えてみます>…

              このようにデータを変えることで、上のような矛盾は解決します。しかし、そうすると今度はみかんさんがご指摘する「データの場所が異なる」という問題が発生します。この問題を解決するために「月初・月末の仕掛品を0とする」ことで「左下=右上」とすることで矛盾を解決することになります。

              まとめると、「CVP分析を行う場合は製品生産量(ボックス図の右上)を固変分解する必要があるが、製品生産量を操業度とみなして高低点法を使うと矛盾する。そこで機械運転時間などの本来の操業度(ボックス図の左下)を使って固変分解すると、今度はデータの場所が違うという新たな矛盾点が発生する。そこで、月初仕掛品と月末仕掛品を0とすることで左下=右上として矛盾点を解決する」となります。

              ちなみに実務では、製品生産量の固変分解は費目別精査法を使います。

              • みかん より:

                ありがとうございました。
                すべてがつながったような気がします。

                細かいところまで教えていただき嬉しくおもいます。今後ともよろしくお願いします。

  3. さゆり より:

    質問があります。

    費目別計算~部門別計算では、さまざまな費用が仕掛品に集計されてきたのに対し、
    最後の『材料費と加工費を仕掛品勘定に振り替える』仕訳で戸惑っています。

    材料費はすでに費目別~部門別で、仕掛品に振り替わっているのでは?
    加工費は労務費と経費で、これも仕掛品に振り替わっているのでは??

    と、混乱しています。

    ご回答、宜しくお願い致します。

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。早速ご質問にお答えします。

      『材料費と加工費を仕掛品勘定に振り替える』仕訳は総合原価計算のスタート時の仕訳で、費目別計算の最後の仕訳である「(借)仕掛品×××/(貸)材料など×××」と同じです(勘定科目は一例です。この記事の仕訳では「加工費」を使っていますが、総合原価計算と結びつきやすいようにそうしています。「労務費」や「経費」を使うこともよくあります)。

      費目別計算と総合原価計算はつながっているので、そのつなぎ目の仕訳を示していると考えると分かりやすいと思います。

      ちなみに、総合原価計算における部門別計算は「工程別総合原価計算」になるので、この記事では部門別計算は想定していないと思ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ