円高と円安の考え方

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では為替相場の変動である円高と円安の考え方についてお伝えします。

円高と円安の考え方

為替相場が変動することで円安になったり円高になったりしますが、どのように動いたら円高なのか円安なのかが非常に混乱しやすいところです。そこで、円高と円安について考えてみましょう。

輸出取引の例

例えば今の為替相場が「1ドル=100円」だとします。これは1ドルと100円を交換できる状況だと言い換えることができます。

この状況で10,000ドルの車をアメリカに輸出したとしましょう。この場合、車の輸出によって(ドル建ての車の代金10,000ドル×売上時の為替相場100円=)1,000,000円の代金を受け取ることができます。

円高の場合

ここから為替相場が変動して円高になったとします。円高とは円の価値が高くなることで、少ない円で同じドルと交換できる状況だと言えます。

例えば「1ドル=90円」へと為替相場が変動した場合、1ドルと90円を交換できる状況だと言えるので「1ドル=100円」と比べると円高になったといえます(より少ない円(100円→90円)で同じ1ドルと交換できるからです。)。

この状況で10,000ドルの車をアメリカに輸出したとしましょう。この場合、車の輸出によって(ドル建ての車の代金10,000ドル×売上時の為替相場90円=)900,000円の代金を受け取ることができます。

円高によって受け取る円が減っています。よく「円高になると輸出企業の業績が下がる」と言われますが、その理由はここにあります(逆に輸入企業は円高になると少ない円で同じ商品を買うことができるので業績が上がります。)。

円安の場合

今度は為替相場が変動して円安になったとします。円安とは円の価値が安くなることで、多くの円がなければ同じドルと交換できない状況だと言えます。

例えば「1ドル=110円」へと為替相場が変動した場合、1ドルと110円を交換できる状況だと言えるので「1ドル=100円」と比べると円安になったといえます(同じ1ドルと交換するのに、より多くの円(100円→110円)が必要になっています。)。

この状況で10,000ドルの車をアメリカに輸出したとしましょう。この場合、車の輸出によって(ドル建ての車の代金10,000ドル×売上時の為替相場110円=)1,100,000円の代金を受け取ることができます。

円安によって受け取る円が増えています。よく「円安になると輸出企業の業績が回復する」と言われますが、その理由はここにあります(逆に輸入企業は円安になると同じ商品を買うのに多くの円が必要になるので業績が下がります。)。

「1ドル=100円」が「1ドル=90円」になった場合、よく考えないと「100円が90円に下がったから円安」という誤った結論を出しやすいので注意が必要です。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

 

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ