売上割戻引当金の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では売上割戻引当金の取引と仕訳について解説します。

売上割戻引当金

当期の売上に関する割戻が翌期以降に発生することが予想される場合は、翌期以降の割戻を当期の費用とする方が合理的です。

そこで「当期の売上高」に対応する「翌期以降の割戻」を引当金として計上します。これが売上割戻引当金です。売上割戻引当金繰入額は売上高から控除する形で表示します

売上割戻引当金の仕訳は次のように行います。

売上割戻引当金の取引と仕訳

1.売上割戻引当金の設定

「決算において、売掛金残高1,000,000円に対して3%の売上割戻引当金を設定する」場合の仕訳について考えてみます。

売掛金残高1,000,000円に対して3%の売上割戻引当金を設定するので、売上割戻引当金の設定額は(売掛金残高1,000,000円×3%=)30,000円となります。よって『(貸)売上割戻引当金30,000』となります。

また、借方の勘定科目は「売上割戻引当金繰入」を使うので『(借)売上割戻引当金繰入30,000』となります。

借方 金額 貸方 金額
売上割戻引当金繰入 30,000 売上割戻引当金 30,000

2.売上割戻時

「売上割戻し50,000円を行い、売掛金と相殺した。なお、売上割戻しのうち10,000円は前期に販売したものである。前期末に売上割戻引当金30,000円が設定されている。」この場合の仕訳について考えてみます。

売上割戻し50,000円を行い、売掛金と相殺したので、『(貸)売掛金50,000』となります。

また、この50,000円のうち10,000円は前期に販売した分なので、前期に設定した売上割戻引当金を取り崩します。よって『(借)売上割戻引当金10,000』となります。

このままでは借方が40,000円不足しています。この40,000円は当期に売り上げた分の売上割戻です。

当期に売り上げた分の売上割戻に対して前期に設定した売上割戻引当金を取り崩すわけにはいきません(前期に設定した売上割戻引当金は「前期に販売した売上」に対して発生する売上割戻に備えるものだからです。)。

当期に売り上げた分の売上割戻は売上と相殺します。よって『(借)売上40,000』となります。

借方 金額 貸方 金額
売上割戻引当金
売上
10,000
40,000
売掛金 50,000

これが売上割戻引当金の仕訳です。考え方は簿記3級で学習した貸倒引当金と非常に似ています。考え方を理解しておくことが重要です。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ