営業外支払手形の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では営業外支払手形の取引と仕訳について解説します。

営業外支払手形

営業取引で手形で支払った場合は支払手形勘定を使います。お金を借りて、借用証書の代わりに手形を渡した場合は手形借入金勘定を使います。では、営業取引以外で手形で支払った場合はどのような勘定を使うのでしょうか。

営業取引以外で手形で支払った場合は営業外支払手形という勘定を使います。支払手形と同じで負債の勘定です。

簿記では営業取引と営業取引以外の取引を厳格に区別しなければなりません。そのため、同じ手形でも異なる勘定科目を使います。

営業外支払手形の取引と仕訳

固定資産の購入

「土地200,000円を購入し、代金は手形で支払った」ときの仕訳について考えてみます。

200,000円の土地を購入しているので、『(借)土地200,000』となります。

また、代金は手形で支払っていますが、土地を営業取引として購入したと例文から読み取ることはできません。そこで、営業外取引だと判断して『(貸)営業外支払手形200,000』となります。うっかり支払手形勘定で処理してしまわないことがポイントです。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
土地 200,000 営業外支払手形 200,000

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

タグ:

“営業外支払手形の取引と仕訳” への4件のフィードバック

  1. bokikentei より:

    ■詳しい説明ありがとうございます!

    仕事前に確認になりました☆

  2. LUCKY より:

    リョウさんの説明は
    ホント分かりやすいです。
    まるで板書された絵が見える様です。
    いつもありがとう!

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。

      分かりやすさを売りにしているつもりなので、そう言ってもらえて嬉しいです。

      これからも分かりやすさを意識してどんどん更新していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ