市場価格のない有価証券の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では市場価格のない有価証券の取引と仕訳について解説します。

市場価格のない有価証券の取引と仕訳

証券取引所で取引されていない有価証券には市場価格(時価)がありません。そういった有価証券を期末に評価する場合、次のように会計処理を行います。

売買目的有価証券

「市場価格のない売買目的有価証券」というのはありえません。市場がない有価証券を使い、短期間での売買で利益を得るのは不可能だからです(市場がない有価証券は売り手を見つけるにも買い手を見つけるにも時間がかかるからです。)。

満期保有目的債券

満期保有目的債券は償却原価で評価するので、市場価格(時価)がなくても構いません(償却原価法が使えない場合は取得原価で評価します。)。なので市場価格がある場合の満期保有目的債券と同じ会計処理になります

子会社株式及び関連会社株式

子会社株式及び関連会社株式」は取得原価で評価するので、市場価格(時価)がなくても構いません。なので市場価格がある場合の「子会社株式及び関連会社株式」と同じ会計処理になります

その他有価証券

その他有価証券は時価で評価するので時価が必要です。しかし市場価格がなければ時価もありません。

なので社債など債券の場合は償却原価で、債券以外の有価証券の場合は取得原価で評価します(たとえ債券であっても償却原価法が使えない場合は取得原価で評価します。)。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ページトップへ