外貨建取引の仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では外貨建取引の仕訳についてお伝えします。

外貨建取引

外貨建取引とは、売買価額や取引価額が外国通貨で表示されている取引のことです。次のような取引が外貨建取引にあたります。

  • 取引価額が外国通貨で表示されているモノやサービスの売買
  • 外国通貨での前払金や仮払金の支払い、または前受金や仮受金の受入れ
  • 外国通貨で決済する貸付けや借入れ
  • 額面金額が外国通貨となっている社債の発行

簿記2級ではこれらのうち「取引価額が外国通貨で表示されているモノやサービスの売買」「外国通貨での前払金や仮払金の支払い、または前受金や仮受金の受入れ」について学習します。

外貨建取引の会計処理

一般的な外貨建取引の会計処理方法は次の2つです。

  • 取引が発生したときの為替相場(HR)で円に換算して処理する(原則)
  • 前月または前週の平均の為替相場(AR)または直前の一定の日の直物為替相場(HR)で円に換算して処理する(例外)

「取引が発生したときの為替相場」で会計処理を行うのが原則です。しかし、取引が頻繁に行われている場合に、そのつど為替相場で計算するのは大変です。

そこで、そういう場合には「過去の平均の為替相場」や「直前の一定の日の為替相場」を代わりに使ってもいいということになっています。

外貨建取引の具体例

外貨建での商品の仕入

外国にある企業から商品1,000ドルを輸入し、代金を掛とした。なお、輸入時の為替相場は1ドル100円である。この場合の仕訳について考えてみましょう。

商品の値段がドルで表されている商品の仕入なので外貨建取引となります(値段がドルで表されていることを「ドル建」といいます)。外貨建の取引は原則として取引時の為替相場で換算するので、1ドル100円で換算します。

1ドル100円のときに商品1,000ドルを仕入れたので、金額は(仕入時の為替相場100円×ドル建ての仕入1,000ドル=)100,000円となります。よって『(借)仕入100,000』『(貸)買掛金100,000』となります。

借方 金額 貸方 金額
仕入 100,000 買掛金 100,000

外貨建での商品の売上

外国にある企業に対し商品2,000ドルを輸出し、代金を掛とした。なお、輸出時の為替相場は1ドル110円である。この場合の仕訳について考えてみましょう。

商品の値段がドルで表されている商品の売上なので外貨建取引となります。外貨建の取引は原則として取引時の為替相場で換算するので、1ドル110円で換算します。

1ドル110円のときに商品2,000ドルを仕入れたので、金額は(仕入時の為替相場110円×ドル建ての売上2,000ドル=)220,000円となります。よって『(借)売掛金220,000』『(貸)売上220,000』となります。

借方 金額 貸方 金額
売掛金 220,000 売上 220,000

外貨建取引における前払金の会計処理

外貨建の前払金については、実際に現金や当座預金を支払ったときの為替相場で換算します(「商品の仕入のとき」ではないということです)。

つまり、外貨建の仕入のうち前払金が振り替えられる部分については現金や当座預金を支払ったときの為替相場で換算し、残りの部分については商品の仕入のときの為替相場で換算することになります。

外貨建取引における前払金の会計処理の具体例

外貨建取引における前払金の支払時

外国にある企業より商品1,000ドルを輸入するにあたり、300ドルの前払金を現金で支払った。なお、前払金支払時の為替相場は1ドル100円であった。この場合の仕訳について考えてみましょう。

前払金を300ドル、1ドル100円のときに支払っています。よって前払金を円に換算すると(前払時の為替相場100円×ドル建ての前払金300ドル=)30,000円となります。よって『(借)前払金30,000』となります。

また現金で支払っているので『(貸)現金30,000』となります。

借方 金額 貸方 金額
前払金 30,000 現金 30,000

外貨建取引における商品の仕入

外国にある企業から商品1,000ドルを輸入し、代金は上記の前払金を振り替え、残額は掛とした。なお、商品輸入時の為替相場は1ドル110円であった。この場合の仕訳について考えてみましょう。

まずは前払金30,000円を商品代金に振り替えるので『(貸)前払金30,000』となります。

また、残りの商品代金(仕入代金1,000ドル-前払金300ドル=)700ドルは掛としています。この700ドルについては商品の仕入時の為替相場を使って換算します。

なので金額は(仕入時の為替相場110円×残りの商品代金700ドル=)77,000円となります。よって『(貸)買掛金77,000』となります。

これらはどちらも商品の仕入なので『(借)仕入107,000』となります。

借方 金額 貸方 金額
仕入 107,000 前払金
買掛金
30,000
77,000

外貨建取引における前受金の会計処理

外貨建の前受金については、実際に現金や当座預金を受け取ったときの為替相場で換算します(「商品の売上のとき」ではないということです)。

つまり、外貨建の売上のうち前受金が振り替えられる部分については現金や当座預金を受け取ったときの為替相場で換算し、残りの部分については商品の売上のときの為替相場で換算することになります。

外貨建取引における前受金の会計処理の具体例

外貨建取引における前受金の受取時

外国にある企業に商品1,000ドルを輸出するにあたり、300ドルの前受金を現金で受け取った。なお、前受金受取時の為替相場は1ドル100円であった。この場合の仕訳について考えてみましょう。

前受金を300ドル、1ドル100円のときに受け取っています。よって前受金を円に換算すると(前受時の為替相場100円×前受金300ドル=)30,000円となります。よって『(貸)前受金30,000』となります。

また現金で受け取っているので『(借)現金30,000』となります。

借方 金額 貸方 金額
現金 30,000 前受金 30,000

外貨建取引における商品の売上

外国にある企業に商品1,000ドルを輸出し、代金は上記の前受金を振り替え、残額は掛とした。なお、商品輸出時の為替相場は1ドル110円であった。この場合の仕訳について考えてみましょう。

まずは前受金30,000円を商品代金に振り替えるので『(借)前受金30,000』となります。

また、残りの商品代金(売上代金1,000ドル-前受金300ドル=)700ドルは掛としています。この700ドルについては商品の売上時の為替相場を使って換算します。

なので金額は(売上時の為替相場110円×残りの商品代金700ドル=)77,000円となります。よって『(借)売掛金77,000』となります。

これらはどちらも商品の売上なので『(貸)売上107,000』となります。

借方 金額 貸方 金額
前受金
売掛金
30,000
77,000
売上 107,000

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ