銀行預金の種類

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では様々な銀行預金について解説します。

銀行預金の種類

銀行預金には次のものがあります。

預金の種類 引き出し制限 利息 用途
当座預金 自由 無利息 小切手の使用
普通預金 自由 利息あり 通常の預金
通知預金 入金後最低7日間預け入れ、引き出す2日前までに銀行に通知 普通預金より高い利息 近い将来に用途が決まっている資金を短期的に運用
定期預金 原則満期日以降に引き出し 普通預金より高い利息 余剰資金の運用
別段預金 時と場合によるが、原則引き出せない 無利息 他の預金口座では対応できない場合に便宜的に作られる

この中で最も重要なものは当座預金です。とりあえずは当座預金だけ覚えておけば問題ありません。

ちなみに当座預金を引き出すときには、手形代金や公共料金などの引き落とし以外は小切手を振り出さなければなりません(現金として引き出すことはできないということです)。また、簿記2級からは現金と預金を合わせて現金預金という勘定を使うことが多くなってきます

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ