「会計学の○×問題」のポイント

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では「会計学の○×問題」のポイントについてお伝えします。

「会計学の○×問題」のポイント

会計学の問題に○×問題が出題されることがあります。この問題は、ときどき非常に細かい知識が問われることがあり、手が出ないときもあります。そのときは次のことを思い出してください。

「全て」「必ず」「絶対に」など、例外を認めないような表現があった場合、その文は×である確率が非常に高い

企業会計原則に「重要性の原則」というものがあります。この原則は一言で言えば、「重要でないものは正規の方法ではないやり方も認められる」というものです。

この重要性の原則があるので、「どんな場合でも絶対にそれをやらなければならない」という会計処理が非常に例外的なものになっています。

なので、「例外を認めないような表現があった場合、その文は×である確率が非常に高い」と言えます。このことを知っておくと、それだけで正解を選べることもあるので、ぜひ知っておいて下さい。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ページトップへ