銀行勘定調整表の摘要欄に書くべきこと

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。簿記2級の学習範囲に銀行勘定調整表がありますが、銀行勘定調整表の摘要欄に何を書くべきかについてお悩みの方もいらっしゃるようです。この記事では銀行勘定調整表の摘要欄に書くべきことをお伝えします。

銀行勘定調整表はただのチェック用紙

銀行勘定調整表は当座預金の「企業残高」と「銀行残高」の不一致の原因を確認し必要があれば修正するために作られます。つまり、ただの企業内部でのチェック用紙です。

損益計算書貸借対照表のような財務諸表と違って外部に公表するものではありません。

摘要欄の記入内容は決まっていない

銀行勘定調整表は外部に公表しないので、記入内容に決まりはありません。その企業の中で通じればどのように書いてもいいということになります。

なので、記入内容は取引内容を意味する言葉を適当に書いておけば大丈夫ということになります(そもそも摘要欄に配点はないと思います)。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ページトップへ