減価償却の目的

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では減価償却の目的について解説します。

減価償却を行う目的

減価償却は決算時に行います。では、なぜ減価償却を行う必要があるのでしょうか。

もし減価償却を行わなかったら…

もし減価償却を行わなかった場合を考えてみましょう。100万円の備品(残存価額10万円、耐用年数3年)を例に考えてみます。

  • 1年目の費用…0円
  • 2年目の費用…0円
  • 3年目の費用…90万円

3年目に残存価額と同額で売れたと考えると、このようになります。

これはまずいです。この備品は3年間同じように使い続けています。3年目だけ使ったわけではありません。それなのに、費用が3年目だけ90万円で1年目と2年目の費用が0円というのはあきらかに不合理です。

これでは簿記の目的である『企業の正しい経営成績を明らかにすること』ができていません。

そこでこの3年目の費用に計上されている90万円を、この備品を使用している3年間でおしなべるのです。

  • 1年目の費用…30万円
  • 2年目の費用…30万円
  • 3年目の費用…30万円

3年間でおしなべるとこのようになります。このようにするため、決算時に次の仕訳を切るのです。

(借)減価償却費 300,000/(貸)減価償却累計額 300,000

この仕訳は『30万円分の資産の減少&30万円分の費用の発生』です。この仕訳を切ることで、毎年30万円分ずつ資産が費用化されていきます。その結果、3年間均等にこの備品を使用したという現実が帳簿に正しく反映されるのです。

減価償却を行う目的(結論)

簿記の目的の1つは、企業の経営成績を明らかにすることです。その目的を達成するためには、当期の費用は当期の費用としてきちんと計上しなければいけません。当期の費用を当期の費用として計上するためには減価償却の仕訳を切る必要があるということになります。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

タグ:

“減価償却の目的” への2件のフィードバック

  1. まじめ過ぎるクン より:

    こんにちは

    くだらない質問だと思いますが、
    「おしなべる」
    とはどんな意味でしょうか?

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。

      「おしなべる」とは「均す(ならす)」「全体が同じになるように均等に割り振る」ということです。「でこぼこしているものを平らにする」というイメージで使っています。

      この例でいえば「備品にかかった90万円という費用を備品を使った期間である3年間に均等に配分する」と言い換えると分かりやすいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ