T字勘定への記入で相手方の勘定科目を記入する理由

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。T字勘定へ数字を記入する場合、金額と相手勘定を記入します(日付を記入することもあります)。この記事ではT字勘定への記入で相手方の勘定科目を記入する理由についてお伝えします。

T字勘定への記入で相手方の勘定科目を記入する理由

T字勘定への記入で相手方の勘定科目を記入する理由は「T字勘定を見ただけで取引の内容が推測できるようにするため」です

たとえば、借入金1,000,000円を現金で返済した場合、仕訳は「(借)借入金1,000,000/(貸)現金1,000,000」となりま す。T字勘定への記入は「現金勘定の貸方に借入金と1,000,000」「借入金勘定の借方に現金と1,000,000」となります。

このように記入しておくことで、現金のT字勘定から「1,000,000が減少した」「減少の理由が借入金の返済」だと分かります。また、借入金のT字勘定から「1,000,000が減少した」「減少の理由が現金による返済」だと分かります。

相手勘定を書いていないと、金額の動きは分かっても理由が分かりません。理由までT字勘定から分かるようにするために相手勘定を記入します。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ページトップへ