売掛金の実務上の取り扱い

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。売掛金は簿記では非常によく出てくる勘定科目であるわりに、実務経験がない方にはイメージしづらいものです。この記事では売掛金の実務上の取り扱いについて解説します。

売掛金は代金の未回収分

売掛金は代金の未回収分です。なので商品と交換で現金を受け取るコンビニやスーパーマーケットのような販売方法だと売掛金は発生しません(カード払いは複雑なので現金払いを考えてください)。

逆に売掛金が発生するのは「商品は相手に渡したが代金はまだ受け取っていない」場合です。売掛金は商品の発送と代金の受け取りに時間差があれば必ず発生します(商品を渡す前に代金を受け取った場合は前受金になります)。

売掛金は大きく分けて2パターン

売掛金は大きく分けると次の2パターンがあります。

  • 単純な後払い
  • 1か月分をまとめて後払い

単純な後払い

単純な後払いとは、文字通り単純に代金を後で支払うことです。通信販売などで商品を受け取ったあとに代金を支払う場合、販売業者から見たら、商品を引き渡してから代金を受け取るまでに時間差があるので、売掛金が発生することになります。

1か月分をまとめて後払い

これは継続的に商品を購入する場合に、購入するたびに代金を支払うのは手間がかかるから、1か月分の代金がたまった時点で請求書を送って、1ヶ月分をまとめて支払うパターンです。仕事で商品を納める場合に多いです。

売掛金は実務ではこのような形になります。商品代金の未回収分が売掛金なのですが、このように具体的に理解しておくとイメージしやすいと思います。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ページトップへ