簿記で有効な頭出し

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。

私は簿記において丸暗記は全くお勧めしていません。丸暗記は役に立たないからです。しかし、有効な頭出しが2つだけあります(頭だしとは「頭文字だけを続けて覚えることでもれなく思い出すこと」です)。それが「一般原則」と「会計方針」です(簿記2級まででは必要ありません。)。

この記事では簿記で有効な頭だしについてお伝えします。

一般原則

一般原則は次の7つがあります。

  • 真実性の原則
  • 正規の簿記の原則
  • 資本取引・損益取引区分の原則
  • 明瞭性の原則
  • 継続性の原則
  • 保守主義の原則
  • 単一性の原則

この7つの原則は全てすらすらと思い出せなければいけません(簿記1級を受験する方の話です)。そこで利用するのが頭だしです。

最初の一文字だけを並べて「しん・せい・し・めい・けい・ほ・たん」と覚えてしまいます。100回ぐらい音読すれば口が覚えると思います。この音読をやっておくと、スラスラともれなく全て思い出せます。

会計方針

重要な会計方針は次の7つがあります。

  • 有価証券の評価基準及び評価方法
  • たな卸資産の評価基準及び評価方法
  • 固定資産の減価償却方法
  • 繰延資産の処理方法
  • 外貨建資産、負債の本邦通貨への換算基準
  • 引当金の計上基準
  • 費用・収益の計上基準

この7つの会計方針も全てすらすらと思い出せなければいけません(簿記1級を受験する場合の話です。)。そこで利用するのが頭だしです。

最初の一文字だけを並べて「ゆう・たな・こ・くり・がい・ひき・ひ」と覚えてしまいます。こう覚えておくことで最初の単語が思い出せます。単語が思い出せれば、会計方針全体も思い出せます。

これらの頭だしはぜひ活用してください。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ページトップへ