連結会計を克服するコツ

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。簿記1級を学習している方で連結会計を苦手にしている方が非常に多いです。この記事では連結会計を克服するコツについて解説します。

連結会計を克服するコツ

連結会計を克服するコツは次の2つです。

  • 本支店会計を完璧に身につける
  • 連結会計は難問を深追いしない

本支店会計を完璧に身につける

連結会計を苦手にしている人のほとんどが本支店会計を苦手にしています。連結会計は本支店会計の発展版と言えるようなものなので、本支店会計が苦手のまま連結会計を解けるようにはなりません。特に次のような方は本支店会計を徹底的に身につけてください。

  • 本支店会計が出題されなかったから簿記2級に合格できたと思う方
  • 簿記2級のときは本支店会計で失点が多かった方
  • 本支店会計そのものに苦手意識がある方

本支店会計を徹底的に身につければ連結会計もスムーズに身につけることができます

連結会計は難問を深追いしない

連結会計は驚くほど難しい問題が出題されることがあります。講師さえも高得点は難しいレベルです。

このような問題はほとんどの受験生が高得点は取れないため、傾斜配点により基本的な問題に多くの配点が与えられます(傾斜配点については簿記1級の合格率に隠された2つの真実と簿記1級合格のための方法をご覧下さい)。

どんなに難しい問題でも、基本がきちんと身についてさえいれば得点できる問題が必ずありますその問題をしっかりと得点することが重要なのです。

過去問などで非常に難しい問題が出されていて、それができないからといって連結会計に苦手意識を持つ必要はありません。ほとんどの受験生は高得点は取れないからです。難問は深追いせずに基本を徹底的に身につける意識で勉強することが大切です。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ