取得原価主義の例外

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。資産を取得した場合の資産の金額は、通常は支払った対価になります。しかし、この考え方にも例外があります。この記事では取得原価を支払った対価で計上しない場合についてお伝えします。

通常の資産の取得

資産を取得した場合、通常は支払った対価で資産に計上します。例えば¥1,000,000の現金を支払って土地を取得した場合の仕訳は次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
土地 1,000,000 現金 1,000,000

しかし、いつも必ずこのようになるわけではありません。それが次の場合です。

低廉取得資産

例えば、「¥1,000,000の現金を支払って土地を取得した」という例文に「市場価格¥5,000,000の土地を」「筆頭株主から」という条件がついた場合を考えてみましょう。

この場合も「¥1,000,000の現金を支払って土地を取得した」という点は同じなので先ほどと同じように次の仕訳にすることも考えられます。

借方 金額 貸方 金額
土地 1,000,000 現金 1,000,000

しかし、この仕訳は本当に適切だと言えるでしょうか。現金は¥1,000,000しか支払っていないので『(貸)現金1,000,000』は変えようがありません。しかし、借方については『(借)土地5,000,000』とする考え方もありえます。

この場合、貸方が¥4,000,000不足しますが、この¥4,000,000は¥5,000,000の土地を¥1,000,000で手に入れることによる利益と考えて『(貸)土地受贈益4,000,000』などとすることができそうです。この場合、次の仕訳になります。

借方 金額 貸方 金額
土地 5,000,000 現金
土地受贈益
1,000,000
4,000,000

この2つの仕訳のどちらが適切だといえるでしょうか。結論から言えば2つ目の仕訳が適切だと言えます。理由は次の2つです。

  • 筆頭株主というその会社に利害関係がある立場からの贈与だと考える方が適切だから(会計的理由)
  • 脱税に利用されるから(税法的理由)

筆頭株主というその会社に利害関係がある立場からの贈与だと考える方が適切だから

筆頭株主というのはその会社の株主の中で最も多くの株主を持っている人です。このような立場の人が市場価格より明らかに低い価格で資産を提供した場合、その安くなっている分は贈与と考えるのが合理的です。

逆に『(借)土地1,000,000』とするということは、何らかの企業努力で市場価格よりも安く購入することに成功したということになりますが、筆頭株主からの資産の購入でこのように考えるには無理があります。

脱税に利用されるから

1つ目の仕訳が認められてしまうと、事実上¥4,000,000の利益が消えてしまいます。利益が減れば課税所得も減り、結果的に納税額も減ります。

もちろん取得原価が小さくなっているので売却するときには固定資産売却益が多く出ますが、それでもかなり税金を先送りすることができてしまいます。税金を先送りできてしまっては課税の公平という税務の目的に反するので、税法上、この処理は認められません。

このような理由から、2つ目の仕訳を切る必要があります。

市場価格より安く取得した場合、必ずこのように考えるのか

市場価格より安く取得した場合、必ず2つ目の形で仕訳を切るのかと言えばそんなことはありません。このような仕訳を切る場合はおおむね次の2つの条件を満たした場合です。

  • 著しく安い価格で購入した場合
  • 贈与することが自然だと言える相手から安く購入した場合

著しく安い価格で購入した場合

市場価格より¥1でも安く買えば2つ目の形で仕訳を切るのかといえば、そんなことはありません。やはり「通常の取引と考えるには明らかに不自然」といえるくらい安い価格で取得していると判断されるのでなければ、つまり多少安いくらいであれば1つ目の仕訳を切ります。

金額について明確な基準はありませんが、おおむね「半額以下」であれば不自然だといえます。

贈与することが自然だと言える相手から安く購入した場合

半額以下であれば必ず2つ目の仕訳を切るというわけではありません。もしそうならば「大バーゲン」や「売り尽くし」などの激安価格で購入した場合にもあてはまることになってしまいます。

2つ目の仕訳を切る場合は「贈与することが自然だと言える相手」から安く購入する必要があります。通常の商取引では贈与はありません。先程の例の「大バーゲン」や「売り尽くし」もあくまでも売り手の都合で安く売っているだけです。

贈与することが自然だと言える相手とは例えば「大株主」「家族」「親会社」などがあてはまります。こういった相手から著しく安い価格で購入した場合は2つ目の仕訳を切ります。

まとめ

この記事でお伝えしたことは覚える必要はありません。あくまでも「会計的な考え方」をしっかりと理解して「取引の本質を仕訳で表現する」という姿勢で仕訳を考える意識が大切です。

「市場価格よりも低い価格で資産を購入する」という取引が何を意味するのかをしっかりと理解して、自力で仕訳を導き出せれば完璧です。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ページトップへ