貸倒引当金の設定(差額補充法)の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では貸倒引当金の設定(差額補充法)の取引と仕訳について解説します。

貸倒引当金の設定

貸倒引当金の基本については貸倒れの見積りと発生の取引と仕訳でお伝えしました。今回はより詳しく貸倒引当金の設定についてお伝えします。

決算のときに貸倒引当金を設定しますが、たいていは貸倒引当金を設定する前に貸倒引当金に残高があります。この残高は、前期の決算のときに積み立てた貸倒引当金の残りです。

この場合、貸倒引当金を計上する方法には差額補充法と洗替法がありますが、簿記3級では差額補充法と言われる方法が出題されます。

今回はこの差額補充法についてお伝えします。

差額補充法

差額補充法とは差額を補充する考え方で貸倒引当金を設定する方法です。差額補充法で設定する貸倒引当金(貸倒率)は過去の貸倒の実績に基づいて設定します(このような貸倒率の設定の仕方を実績法といいます)。

例えば、貸倒引当金を設定する前の貸倒引当金の残高が1,000円残っているとします。そして、今期の決算では貸倒引当金を3,000円に設定することになったとします。

この場合、差額である(3,000-1,000=)2,000円分だけ仕訳を切って、すでに残高に残っている1,000円については特に触れません。

当期の見積額に不足する金額だけを補充するイメージです。簿記3級ではこの方法以外は出題されないので、この方法だけきちんと理解しておけば問題ありません。

貸倒引当金(差額補充法)の取引と仕訳

貸倒の見積り(差額補充法)

決算において、売掛金の残高300,000円に対して、2%の貸倒れを見積もった。なお、貸倒引当金の残高が2,000円ある(差額補充法)」場合の仕訳について考えてみます。

まずは、貸倒れの見積り金額を求めましょう。300,000円の2%を貸倒として見積もるので、300,000×2%=6,000円となります。

ただ、貸倒引当金の残高が2,000円残っているので、今期で積み立てなければならない金額は見積額である6,000円に不足する金額だけとなります。よって、今期の貸倒引当金積立額(補充額)は(6,000-2,000=)4,000円となります。あとは仕訳です。

この4,000円という金額は「貸倒引当金繰入」という勘定科目を使って記帳します。よって、『(借)貸倒引当金繰入4,000』となります。

また、貸方は貸倒引当金という勘定を使うので、『(貸)貸倒引当金4,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
貸倒引当金繰入 4,000 貸倒引当金 4,000

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

タグ:, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ