約束手形の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では約束手形の取引と仕訳について解説します。

手形の種類

手形には約束手形と為替手形の2種類がありますが、簿記3級では約束手形のみが試験範囲になっています(為替手形は簿記1級の試験範囲です)。ちなみに約束手形や為替手形という勘定科目はありません

手形債権と手形債務

手形取引を行うと、手形債権や手形債務が発生します。

手形債権は、将来手形に書かれた金額を受け取ることができる権利です。商品を販売したときに相手から手形を受け取った場合、手形債権が増加します。

また、手形に書かれた金額を実際に現金などで受け取ったときに手形債権は減少します。手形債権は資産なので、増加すれば借方に、減少すれば貸方に書きます。

手形債務は、将来手形に書かれた金額を支払う義務です。商品を仕入れたときに相手に手形を渡した場合、手形債務が増加します。

また、手形に書かれた金額を実際に現金などで支払ったときに手形債務は減少します。手形債務は負債なので、増加すれば貸方に、減少すれば借方に書きます。

ちなみに手形債権は受取手形勘定で、手形債務は支払手形勘定で仕訳を切りますが、受取手形も支払手形も同じ手形です。同じ手形でも、手形を受け取れば受取手形、手形を相手に渡せば支払手形となります。

受取手形勘定と支払手形勘定の注意点

受取手形勘定、支払手形勘定ともに営業取引で受け取ったり渡したりした場合にしか使いません(営業取引以外で手形を使った場合については、営業外受取手形の取引と仕訳営業外支払手形の取引と仕訳をご覧下さい)。

約束手形

約束手形とは、手形の振出人が名宛人に対して、一定の期日に一定の金額を支払うことを約束する有価証券のことです。

約束手形には「A商店へ。○○円を○月○日に支払います。」といった内容のことが書かれています。「振出人」と「名宛人」が難しいので詳しく見ていきましょう。

約束手形における「振出人」とは手形を振り出す人のことです。振出人は手形債務を負い、貸方に支払手形勘定で記入します。

約束手形における「名宛人」とは手形を受け取る人のことです。名宛人は手形債権を手に入れ、借方に受取手形勘定で記入します。

名宛人の宛はあて先の宛なので、「名宛人をあて先に振出人が手形を振り出す」と考えれば覚えやすいかと思います。

約束手形の取引と仕訳

約束手形の取引と仕訳の具体例を見ていきましょう。

約束手形の振り出し(1)

『当社はA商店から商品100,000円を仕入れ、代金はA商店宛の約束手形を振り出して支払った』場合の仕訳を考えてみましょう。

当社は商品を100,000円分仕入れたのだから、『(借)仕入100,000』となります。これは特に問題ありません。

また、約束手形を振り出したため、手形債務を負います。手形債務は支払手形勘定を使います。支払手形は負債の勘定で、手形の振り出しは負債の増加となるため貸方に記入します。よって『(貸)支払手形100,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
仕入 100,000 支払手形 100,000

約束手形の振り出し(2)

『当社はA商店に対する買掛金200,000円を支払うため、A商店宛の約束手形を振り出した』場合の仕訳を考えてみましょう。

当社は買掛金を支払うので、買掛金は減少します。よって『(借)買掛金200,000』となります。負債の減少は借方に記入します。

また、約束手形を振り出したため、手形債務を負います。手形債務は支払手形勘定を使います。支払手形は負債の勘定で、手形の振り出しは負債の増加となるため貸方に記入します。よって『(貸)支払手形200,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
買掛金 200,000 支払手形 200,000

代表的な約束手形の振り出しのケースを2つ挙げました。取引と仕訳のイメージをつかんでおきましょう。

約束手形の受け取り(1)

『当社はB商店へ商品100,000円を売上げ、代金としてB商店振出、当社宛の約束手形を受け取った』場合の仕訳を考えてみましょう。

当社は商品を100,000円分売上げたのだから、『(貸)売上100,000』となります。

また、約束手形を受け取ったため、手形債権を手に入れます。手形債権は受取手形勘定を使います。受取手形は資産の勘定で、手形の受け取りは資産の増加となるため借方に記入します。よって『(借)受取手形100,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
受取手形 100,000 売上 100,000

約束手形の受け取り(2)

『当社はB商店より売掛金の支払として、B商店振出、当社宛の約束手形200,000円分を受け取った』場合の仕訳を考えてみましょう。

当社は売掛金の支払いを受けるので、売掛金は減少します。よって『(貸)売掛金200,000』となります。資産の減少は貸方に記入します。

また、約束手形を受け取ったため、手形債権を手に入れます。手形債権は受取手形勘定を使います。受取手形は資産の勘定で、手形の受け取りは資産の増加となるため借方に記入します。よって『(借)受取手形200,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
受取手形 200,000 売掛金 200,000

代表的な約束手形の受け取りのケースも2つ挙げました。振り出しの場合とあわせて取引と仕訳のイメージをつかんでおきましょう。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

タグ:, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ