収益の見越しの仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では収益の見越しの仕訳について解説します。

収益の見越し

収益の中には半年分や1年分をまとめて後で受け取るものがあります。そのような場合も当期の分は収益として処理しなければなりません。受取っていないだけで、収益は発生しているからです。

企業では受取家賃や受取利息などを半年分や1年分まとめて後で受け取ることがあります。

当期発生した収益は当期の収益として計算しないと正確な当期の収益が計算できません。そこで、当期の分なのに当期の収益になっていない分をこの収益に加えなければなりません。

次期に受け取ることを見越して、当期の収益となる部分を収益勘定に加えなければならないのです。

この一連の手続きを収益の見越しといいます。

収益の見越しの仕訳

「8月1日に賃貸契約を結び、同日に事務所の賃貸を開始した。家賃12,000円(年額)は1年後に受け取る契約である。(決算日は12月31日)」この決算整理仕訳を考えてみましょう。

8月1日の時点では何も受け取っていませんが、収益は発生しています。決算日が12月31日なので、8月1日から12月31日までの5ヶ月分の収益が当期に発生しています。

収益の見越し

図で表すと右のようになります。

次期の収益である7か月分は仕訳の必要はありません。

仕訳を切らなければならないのは当期の分の5か月分です。

まずは、この5か月分がいくらになるのか計算しましょう。12ヶ月分が12,000円なので、1か月分は(12,000÷12=)1,000円です。これが5ヶ月分なので、(1,000×5=)5,000円となります。この5,000円分を当期の収益にしなければなりません。

発生している収益は、「受取家賃」です。よって『(貸)受取家賃5,000』となります。

次は借方です。借方は未収家賃という勘定科目を使って表します。この未収家賃という勘定科目は次期に家賃を受け取る権利であると考えられるため、資産の勘定になります。よって、『(借)未収家賃5,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
未収家賃 5,000 受取家賃 5,000

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

タグ:

“収益の見越しの仕訳” への4件のフィードバック

  1. kyoko より:

    ■あれ?

    未収家賃は貸方ではなくて、借方ですよね?

  2. イッヒ より:

    ■突然失礼いたします…

    初めまして、簿記3級を独学してるものです。いつもこのブログを拝見していて、とても助かっています。ただ、一点混乱している所がありまして、良かったら教えて頂けますか?

    決算整理事項の費用・収益の繰延・見越しに関してですが、”毎期・毎年”同額を支払うや受取るのパターンになると、訳がわからなくなってしまうのです。どうか図解で教えて頂けると大変ありがたいのです。是非宜しくお願いします。m(_ _)m

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。

      “毎期・毎年”同額を支払うや受取るのパターンというのがどういうものなのかよく分からないのですが、もしかすると簿記2級のところに記載しているパターンでしょうか。

      もしそうなら「費用の繰延べ(簿記2級)」「収益の繰延べ(簿記2級)」という記事に書いています。コメント欄からリンクが張れないのでブログ内検索から探していただけるとすぐに見つかると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ