商学部などに通う大学生が効率よく日商簿記に合格する方法

Pocket

商学部など、一部の学部では大学でも簿記を学習します。簿記に関して社会で評価されるのは「日商簿記検定」なので、日商簿記に合格したいと考えている大学生は多いです。そこで、この記事では大学で簿記を学習している大学生が効率よく日商簿記検定に合格する方法についてお伝えします。

大学での簿記の授業の特徴

大学でも、商学部などの一部の学部では簿記の授業が行われます。必修科目かどうかは大学によりますが、商学部の場合は必修であることが多いようです。

大学での講義の場合、商業高校ほど練習に時間を使えません。なので、練習は宿題やレポートという形になり、授業では理論的な学習になることが多いです。

日商簿記3級に合格するために

大学の講義の内容は大学によってバラバラなので、一概には言えませんが、多くの講義では日商簿記3級の範囲の内容を取り扱っています。ですが大学の講義では練習の量が圧倒的に不足しているので、授業に出るだけでなく宿題やレポートをしっかりと行い、また過去問などは自分で購入して解く必要があります。

これだけしっかりやれば日商簿記3級に合格することは十分可能です。

日商簿記2級に合格するために

大学の簿記の講義は日商簿記2級までは対応していないことがほとんどです。特に対応されないことが多いのが次の論点です。

  • 工業簿記
  • 本支店会計
  • 帳簿組織

なので、これらの内容がきちんと履修できるかどうかをまず確認してください。商学部などの場合、「工業簿記」「財務諸表論」「会計学」といった講義名の講義で取り扱っていることがあるので、「簿記」という名前にこだわらずに、広く講義の内容を確認してください。

もしあれば、大学の講義をしっかりと受けて宿題やレポートをしっかりと行い、過去問練習をすれば日商簿記2級の合格が見えてきます。

逆にこれらを大学で履修できなければ、大学の講義だけでの合格は厳しいといえます。資格取得のための学校などに通い、合格を目指すことになります。通学か通信かは個人の適正にもよるので、自分のタイプと相談して決めてください。また、日商簿記3級の学習を行っている間、独学でもできるという手ごたえを感じた場合は独学で挑戦するのもありだと思います。

日商簿記1級に合格するために

大学の講義では日商簿記1級に合格できるほどの内容は含まれていない場合がほとんどです。なので日商簿記2級に合格するときの勉強の延長で考えてください。

このような形で勉強していくと効率よく日商簿記検定に合格できると思います。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ページトップへ