簿記検定(日商簿記・全経簿記・全商簿記)の難易度比較

Pocket

有名な簿記検定は「日商簿記」「全経簿記」「全商簿記」の3つです。これら3つは同じ数字の級であっても難易度は大きく異なります。最近、日商簿記2級がどのあたりの難易度に位置するのか気になっている方が多いようです。

この記事では「日商簿記」「全経簿記」「全商簿記」の難易度についてお伝えします

≫日商簿記2級の難易度そのものについて知りたい方は日商簿記2級の難易度と日商簿記2級に合格するための方法をご覧ください。

簿記検定の難易度

有名な簿記検定は次の3つです。

これらの級は全て左側に行けば行くほど難しく、右側に行けば行くほど簡単になります。

「日商簿記」「全経簿記」「全商簿記」を全てひっくるめて難易度順に並べると、次のようになります。

日商簿記1級>全経簿記上級>日商簿記2級>全経簿記1級>全商簿記1級>日商簿記3級>全経簿記2級>全商簿記2級>日商簿記4級>全経簿記3級>全商簿記3級>全経簿記4級

特にご質問が多いのは「日商簿記2級と全経簿記1級はどちらが難易度が高いのか」なのですが、日商簿記2級と全経簿記1級であれば、日商簿記2級の方が難易度が高いと考えてまず間違いありません。

私が解いた感覚と周りの方の意見から出した結論なので誰にでもあてはまるわけではありませんが、おおよそこの通りだと思います。

全商簿記と全経簿記は取得する意味があまりない

全商簿記は高校生が簿記の学習をするときに受ける試験で、社会人になるとほとんど評価されません。全経簿記は全商簿記よりは評価されますが、日商簿記と比べると圧倒的に知名度が低いです。一般的に「簿記2級を持っている」と言えば日商簿記2級を持っていると受け取られるぐらいです。

全経簿記や全商簿記を取得する意味はあまりないので、簿記の学習をされるのであれば日商簿記を受けることを前提に学習することをお勧めします(全経簿記上級に合格すると税理士試験の受験資格が得られるので、税理士試験の受験資格が欲しい人は全経簿記上級を受ける意味があります)。

日商簿記4級は取得する意味があまりない

日商簿記4級は日商簿記3級と同じ商業簿記だけの試験で、簿記の初歩の初歩です。

日商簿記4級は特別に勉強する必要も受験する必要もありません。受ける人が極端に少ないですし、日商簿記3級のテキストや講座は初学者を対象にしているので、「日商簿記4級の知識がなけれが日商簿記3級が理解できない」なんてこともありません。

日商簿記4級を資格として持っていてもほとんど評価されないという意味でも受ける必要はありません。全経2級以下(全経2級含む)の簿記検定は持っていてもほとんど評価されないので、就職などで簿記の力をアピールしたいのであれば最低でも日商簿記3級は取得しておきたいところです。

日商簿記1級から勉強を開始するのは無謀

日商簿記1級は日商簿記2級と比べても格段に難易度が上がります。日商簿記2級を完璧に身につけて挑戦しないと日商簿記1級の合格は厳しいです。簿記は積み上げ型の学問なので、下の級をきちんと身につけないまま上の級に進むと完全に学習が進まなくなってしまうからです。

日商簿記1級から学習を始めるのは無謀です。確実に下の級を身につけながら学習を進めていくことが重要です。ただ、日商簿記4級から始める必要はありません。日商簿記4級は一応あるだけで、日商簿記4級を受験する人はほとんどいませんし、日商簿記3級のカリキュラムは簿記を全く勉強したことがない人を対象に作られていることがほとんどです(簿記革命3級も簿記を全く勉強したことがない人を対象に作っています)。

これから簿記の学習を始めるのであれば、とりあえず日商簿記3級から学習を始めることをお勧めします日商簿記2級を完璧に身につけた上でさらに上を目指したい人、簿記が好きな人は日商簿記1級に挑戦するといいと思います。

結論

簿記検定には日商簿記、全経簿記、全商簿記とありますが、就職で簿記の力をアピールするために取得するのであれば「日商簿記1級」「日商簿記2級」「日商簿記3級」以外の試験はほとんど意味がありません(税理士試験の受験資格を得るという目的で全経簿記上級を取得するのはありです)。

「日商簿記1級」「日商簿記2級」「日商簿記3級」の中で最も評価が高いのは日商簿記1級なのですが、簿記を学習したことがない人が日商簿記1級の勉強をいきなり始めるのは無謀です。日商簿記3級から日商簿記2級、日商簿記1級とステップアップしていくのが簿記の学習の理想的な形となります。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ページトップへ