簿記2級の第149回以降の試験範囲と簿記革命について

Pocket

平成28年4月から主に簿記2級の試験範囲が徐々に変更されています。その流れで、平成30年4月からの試験範囲(第149回以降の試験範囲)も変更があり、簿記2級の試験範囲がさらに増加しました。

その試験範囲の変更にともなって【簿記革命2級】の内容も変更させていただくことに致しました。この記事では【簿記革命2級】の内容の変更についてお伝えします。

試験範囲の変更に伴う【簿記革命2級】の内容の変更

【簿記革命】のウェブサイトの色々なところでお伝えしているとおり、【簿記革命】は簿記1級の合格を最優先に作成しています。なので【簿記革命2級】も簿記1級の合格を最優先とする内容となっています。

そのため、日商簿記検定の試験範囲の改定と簿記革命における学習範囲の違いでお伝えしたとおり、これまでの【簿記革命2級】には「たとえ簿記1級の試験範囲であっても簿記2級を勉強している段階で身につけておいた方がいい内容」が含まれていました。

ところが、「簿記1級の合格を最優先とする」という特長を残したまま【簿記革命2級】の内容も増加させようとしたところ、【簿記革命2級】の商業簿記がテキストだけで600ページを超えることになりました。

ここまでボリュームが増えてしまうと、簿記2級を最終目標にされている受講生の方にとっては勉強の負担が大きすぎますし、簿記1級を最終目標にされている受講生の方にとっても大変です。

そこで、【簿記革命2級】から簿記1級の内容を切り離し、【簿記革命準1級】とすることで【簿記革命2級】の商業簿記テキストのボリュームを落とすことにしました

(より正確には、簿記1級の内容を切り離すだけでなく、日商簿記検定の試験範囲の改定と簿記革命における学習範囲の違いにおける「特段勉強しなくても、他の内容をしっかりと理解しておけば問題なく解答できるもの」を【簿記革命2級】に追加しています

そして【簿記革命準1級】は日商簿記検定の試験終了後を目安にPDFファイルでお送りすることにしました。

こうすることで簿記2級が最終目標の方も勉強しやすくなると同時に、簿記1級が最終目標の方も身につけるべき内容がしっかりと身につけられるようになります。

【簿記革命準1級】の内容

こうした経緯から【簿記革命準1級】ができることになったのですが、【簿記革命準1級】を作ることになった理由はもう一つあります。「『簿記1級を真剣に勉強されている方』と『私』の違いは何か」とずっと考えていたからです。

簿記1級の勉強を真剣にされている方の全員が合格されるわけでは残念ながらありません。【簿記革命1級】の受講生の方であってもそうです。

それに引き換え、私が簿記1級の過去問を解けば、確実に合格点には到達できます。この違いは一体何なのかずっと考えていたのです。

真剣に簿記1級の内容を勉強されている方は、現在の私よりも絶対に勉強されています。問題演習なども絶対に今の私よりもされています。にも関わらず私のほうが高い点数を取れていることになります。

ということは「簿記1級の受験生の方にはなくて私にはある何か」があるということになります。

その何かについて、現時点では「日商簿記検定の試験範囲とは無関係な簿記・会計に関する知識」ではないかと結論しています。この知識は「日商簿記1級の内容をはるかに超えた知識」ではなく「日商簿記検定では出題されないけれど簿記の根幹に関わる知識」です。

【簿記革命準1級】には、この「日商簿記検定では出題されないけれど簿記の根幹に関わる知識」を全て出し切ろうと思い作成しました。

なので【簿記革命準1級】には「簿記革命2級から切り離された簿記1級の内容」だけでなく「日商簿記検定の試験範囲とは全く無関係だけれど簿記の根幹に関する内容」も含まれています

【簿記革命準1級】は、ほぼ全文が書き下ろしとなっています(【簿記革命2級】から簿記1級の内容を切り離すと同時に全面的に改定しています)。

この【簿記革命準1級】を読むことでより簿記・会計の理解が深まり、簿記1級の合格が近づくものと自負しています。

これまでに【簿記革命2級】をご受講されたお客様へ

当然ですが、合格目標が第148回以前である受講生の方は【簿記革命準1級】はお持ちでないと思います。

私共は、これまでに【簿記革命】を受講された方がいらっしゃることで今があると考えています。なので、【簿記革命】の申込みが早かったことで損をさせるわけにはいきません。

そこで、これまでに【簿記革命2級】をご受講されたお客様に関しまして、ご連絡いただければ無料で【簿記革命準1級】をPDFファイルでお送りさせていただきます。サポート期間はお気になさらなくて大丈夫です。

ご希望の方はメールやお問い合わせフォームなどでご連絡ください。現在、最終校正中ですので、すぐには送ることができませんがよろしくお願いいたします。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ページトップへ