簿記1級の試験日までにやっておくべき手続き

Pocket

日商簿記1級の試験は年2回です。試験日に向けて勉強していくのはもちろんですが、試験日までにやらなければならない手続きというものもあります。

本日では試験日から逆算した試験までにやるべき勉強以外のことについてお伝えします。

日商簿記1級の試験日

日商簿記1級は日商簿記2級や日商簿記3級と違って2月には試験がありません。「6月第2日曜日」と「11月第3日曜日」の年2回になります。

試験日までにやらなければならないこと

試験は試験当日にいきなり試験会場に行けば受験できるというわけではありません。それまでにやっておかなければならないことがあります。時系列に並べると次のようになります。

  1. 試験日の約2ヶ月前(6月受験:4月第2日曜日、11月受験:9月第3日曜日)
  2. 試験日の1週間前(6月受験:6月第1日曜日、11月受験:11月第2日曜日)
  3. 試験日当日(6月受験:6月第2日曜日、11月受験:11月第3日曜日)

1.試験日の約2ヶ月前

試験日の約2ヶ月前に行うべきことは次の2つです。

  • 受験申込みが開始されているかの確認(申込みが開始されていれば申込み)
  • 受験で必要なもの(勉強で使っているもの以外)の準備

受験申込みの確認(申込みが開始されていれば申込み)

日商簿記の受験申込期間はかなり早いです。しかも、商工会議所によって「受験申込期間」「申込受付方法」が異なります。なので、遅くとも試験日の2か月前までに、受験を希望する場所の商工会議所のホームページで受験申込期間と申込受付方法を確認してください

そして、受験申込みが始まっていたら申し込みを行ってください。

申込方法は商工会議所によって異なるのですが、ほとんどは次のどれかになります(複数もありえます)。

  • 郵送(入金は現金書留郵便・郵便振替など)
  • インターネット(入金はカード決済・コンビニ支払など)
  • 窓口(入金は窓口)
  • 書店(入金は書店)

商工会議所によって異なるので、商工会議所のホームページで申込受付方法を確認して申し込みを行ってください。

受験で必要なもの(勉強で使っているもの以外)の準備

受験で必要なものの準備はもっと後でも構いませんが、ギリギリであわてないように早めに準備しておいた方がいいと思います。

受験のときに必ず必要なものが次の2つです。

  • 身分証明書
  • 腕時計
身分証明書

身分証明書として「氏名・生年月日・顔写真の全てが確認できるもの」が必要です。この要件を満たす身分証明書には「運転免許証」「パスポート」「社員証」「学生証」などがあります。

これらのどれかをすでに持っているのであれば特に問題ありませんが、もし事情があってどれも持っていないのであれば商工会議所に相談して何らかの対応をしてもらう必要があります。

ちなみに、小学生以下の方は身分証明書は必要ありません。

腕時計

最近は携帯電話を腕時計代わりに使っていて、腕時計を持っていない方が多いですが、試験では携帯電話は電源を切る必要があります(試験中に音が鳴ったら、最悪の場合、不正行為として退出させられてしまうこともあります。)。なので、携帯電話を時計としては使えません

試験会場に時計がない場合もあるので、必ず腕時計は準備しておいてください。また、音は出ないように設定しておくことも忘れないようにしてください。

2.試験日の1週間前

受験票は試験の約2週間前に郵送されてきます(商工会議所や申込方法によっては受験料と交換に受験票を交付される場合もあります。)。しかし、何らかのトラブルがあって郵送されてこない場合があります。

なので、試験日の1週間前になっても届かない場合は、商工会議所に連絡する必要があります。

3.試験日当日

試験会場に向かうだけです。準備物を確認し、試験会場に向かいましょう。

まとめ

日商簿記1級を受験する場合、試験日の2ヶ月前になったら各地の商工会議所のホームページを見て受験申込期間が始まっていないかチェックしてください。そして。受験申込期間が始まっていたら受験申込をすませてください。また、「身分証明書」と「腕時計」の準備をしておいてください。

試験日の1週間前までに受験票が届かなければ商工会議所に連絡してください。

あとは試験当日に試験会場に向かうだけです。準備物を確認し、試験会場に向かいましょう。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ページトップへ