日商簿記1級の受験資格と日商簿記1級合格で得られる受験資格

Pocket

日商簿記1級に受験資格があるのか不安な方もいるかもしれません。逆に日商簿記1級に合格することで得られる受験資格があるのか気になる方もいるかもしれません。

本日は「日商簿記1級を受験するための受験資格」と「日商簿記1級に合格することで得られる受験資格」についてお伝えします。

日商簿記1級を受験するための受験資格

日商簿記1級に受験資格はありません。学歴・年齢・性別・国籍に関係なく受験することができます。

日商簿記1級に合格することで得られる受験資格

日商簿記1級に合格することで得られるのが「税理士試験」の受験資格です。

税理士試験を受けるためには受験資格が必要です。受験資格は具体的には次のようなものがあります(あてはまる人が多いものだけ列挙しています。正確は国税庁HPをご覧下さい。)。

  • 法学部、経済学部、商学部、経営学部を卒業した人
  • 法律学、経済学に属する科目を1科目以上履修した人
  • 法律学、経済学に属する科目を含め62単位以上を取得した大学3年生以上の人
  • 弁理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士・不動産鑑定士等の業務に3年以上従事した人
  • 「法人」「事業を営む個人」の会計に関する事務に3年以上従事した人
  • 税理士・弁護士・公認会計士等の業務の補助の事務に3年以上従事した人
  • 税務官公署における事務又はその他の官公署における国税若しくは地方税に関する事務に3年以上従事した人

これらのどれかを満たしていれば受験できるのですが、どれも満たしていない人が税理士試験を受験する場合、日商簿記1級または全経簿記上級に合格しなければなりません

まとめ

日商簿記1級は誰でも受験することができます。また、日商簿記1級に合格することで税理士試験を受験する資格が得られます。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ページトップへ